真・虚空伝46 仕事サーチ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ふう…今私は、人生の岐路に立たされている…。今の仕事は給料上がらないし、正直内容もマンネリ気味でモチベーションが低下してる。今のまだギリ若いうちにもっと給料の高い職場に乗り換えるかというところで迷っておる。しかし今の職場も4年半勤務しており、続いているということは不満があるというワケではない。だが成長せずダラダラ続けるよりかはさらなるステップアップを狙ったほうがいい気もする。そこで、初心に戻り、今回は求人に応募して退職するまでの業務上の手続きについてまとめたいと思う。

①応募

⇒おなじみ、求人広告をみて仕事を探す。今はネットで検索すればいくらでも見つかるぞ。ワシはindeedというサイトをよく使う。

●キーワード検索

→大事な要素は4つ。「勤務地」「職種」「給料」「勤務日数」だ。職種にこだわらないなら、勤務地と給料だけでもいいと思う。例えば福岡で月20万以上の給料の仕事を探すなら、「福岡 20万」で検索する。

●電話かWEB応募

→応募先により、電話してすぐに面接日時を指定してくれる場合と、郵送で履歴書を送るかWEB上で履歴書を記入し、担当者からの連絡を待つ場合がある。後者だと書類選考が通れば、面接日時等を伝えられる。

②履歴書

⇒今はWEBフォームで入力するところもあるみたいだけど、まだ書類で提出(郵送で書類選考か面接のとき手渡し)するのが一般的かな。履歴書での記入ポイントは…

●写真

→(上半身だけ)スーツを着て今の顔写真を撮る必要がある。あまりに昔のだと面接時バレるからね。印刷方法は2つ。自分で撮ってプリンタで印刷するか、写真屋とか証明写真機で印刷してもらうか。

・自分で撮る・・・自宅にプリンタがあれば、手持ちのカメラか携帯があれば自撮りしてPCに取り込み、「光沢紙」に印刷すればOK。自由に編集できるし、できればこっちがいい。

・写真機で撮る・・・これだとスーツきてわざわざ外に撮りにいかないといけない。それに印刷代(¥500くらい)がかかる。しかも編集できない。でもプリンタない場合はしょうがないだろう。

●名前・生年月日・住所・電話番号・学歴・職歴・資格

→ありのままの情報と経歴を書くだけなので、迷うところはないだろう。

●趣味・特技・志望動機

→応募先に応じて関連性がありそうなことを書き、自分と企業をつなげる。自分が好きなことや得意なことを書き、仕事にも活かせそうに印象づける。

③面接

⇒採用試験で最も重要な試練だ。スーツをビシっと着ていかに自己PRを短期間でこなせるかが重要だな、ウム。

●身だしなみ(スーツ)

→特に男性諸君で悩まされるのが、ネクタイ!結ぶのめんどくさいし、首きつすぎ!ワシはこの動画をみて結べるようになった。諸君も参考にするがよい!!

●自己PR

→入室・退室のときのマナーは当たり前だが、面接官との受け答えが肝心なところ。時間が限られるため、的確な回答と情熱を伝えることが大事。淡々と答えるのはNGダゾ。

④退職

⇒入社するのは給与を貰う代わりに、一時的に会社の戦力になること。生涯を預けることではない。いざ入社すれば簡単にクビになることはない。何年かその職場でがんばり、さらなるステップアップをはかりたいと思ったら、潔くその会社を辞めることも必要。そのために必要なこととは・・・

●退職の意思を2カ月前には伝える

→民法上では2週間前に伝えればOKとあるが、急な退職は会社に迷惑がかかるため、早めに伝えたほうがいいだろう。直属上司に退職願を退出するのが一般的だが、口頭で伝えることも法律上認められている。

●退職時、会社から受け取るもの

・雇用保険被保険者証

・源泉徴収票

・年金手帳

●退職時、会社に返却するもの

・健康保険被保険者証

・社員証

・制服

 

さてさて、こんな仕事、皆様にいかがかな!?

 

「クラウドワークス」:(株)クラウドワークス



⇒TVや日経新聞で話題沸騰!日本最大級のお仕事マッチングサイトだす。

●仕事内容

→エンジニア、デザイナー、ライター。ホームページやバナー・ロゴ、アプリ制作。自宅でできる在宅ワークだよ~ん!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です