LIFE ENERGY  HOME
Ⅲ 博学(Expert life)

vol.2 Server Transport


プロバイダーやレンタルサーバーの移行、Word Pressのデータ移行についてまとめる。

<目次>

1 プロバイダー移行

2 サーバー移行

・エックスサーバー

3 端末データ移行


ページ下部へ(LINK)


★更新:2018/5/30
★ページ完成度:%





 

1 プロバイダー移行

WEB

(1)???


LINK


 

2 サーバー移行


ホームページ運用にあたり、レンタルサーバーとの契約が必要。この項目では、サーバー契約後に別のサーバー(エックスサーバー)に移行する為の方法をまとめる。

WEB

Ⅰ サーバー申込の知識 

(1)利用不可期間を作らない!


⇒サーバー移行にあたり、皆様不安なのが“使えない期間”が出ないかどうかということだろう。

●以前のサーバー契約を継続したまま、期間を重複させて新しいサーバーを契約すれば大丈夫!

(2)メモしながら進める!

⇒サーバーに登録するにあたり、必要な情報が沢山が出てくるので、忘れないようにルーズリーフやPCのメモ帳にメモしながら進めるべし!

(3)PCメールアドレス用意!

⇒登録にあたり、必ずサーバー側からのメールを受取り、情報を管理する必要がある。携帯メールでは迷惑メールに引っかかったりする為、自宅のプロバイダーで登録したPCメールアドレスを使用する。

(4)FTP(サーバーにアップロード)設定が肝心!

⇒サーバーに申込し、ウェブ上にアップロードをする大まかな流れとしては以下の通り。

①申込

→サーバーに申込み、サーバーIDなどを入手

②FTP入手

→サーバーのホームページでFTP(ホームページデータを、ウェブ上にアップロードする為の情報)を入手

③FTP転送

→ホームページビルダー等のホームページ作成ソフト(FTPソフト)で、サーバーで得たFTP情報を入力し、転送する。

●ホームページビルダー19

→上段メニューの「サイト」→「転送設定」

●注意事項

・新サーバーでFTPを取得し、転送しても即時は反映しない。その為前ドメイン移管などが完了するまでは前サーバーのFTP情報で転送する。

(5)ドメイン移管

●AuthCodeが必要!

→AuthCodeとはドメインを移管する為のセキュリティコードのこと。移転元のサーバーのホームページにログインして確認し移転先のサーバーのホームページで入力する。

(6)全て作業完了後、前サーバー解約

⇒???

Ⅱ エックスサーバー 

※公式ホームページ


(1)会員情報

●サーバーID、パスワード

●会員ID、インフォパスワード

(2)サーバーパネル

⇒サーバー情報などを見る為のページ。

●FTP設定

●ファイルマネージャー

(3)インフォパネル

⇒契約情報などを見る為のページ。

(4)サーバー移行注意事項

⇒エックスサーバー特有の設定条件で設定しないとうまくアップロードできない。

●FTPでの転送先フォルダの指定

「ドメイン名(※)/public_html」

と設定しないと転送しても反映しないので注意!

※当サイトの場合は「hirohataworld.com」

(5)ドメイン移管

⇒「インフォパネル」から行う。

①ドメイン契約:年額¥1,620

→サーバー代とは別にかかる。

②移管申請後2~3日以内に承認メールが届く。

③移転元から届いたメールのURLから承認すればドメイン移管完了!


(6)ネームサーバー変更

⇒ドメイン移管後、行う手続き。

●ネームサーバー変更後、徐々にサーバー移転。

・移転にかかる時間は数時間~24時間程

・ネームサーバーは変更してもすぐには反映せず、切替中は前サーバーと新サーバー、どちらに繋がるか予測できない。

Ⅲ Word Press移行 

Word Pressのデータに関してはサイトとは別に移行しなければならない。はっきりいって手順がかなり面倒くさい!色々なソフトをダウンロードしなければならない。しかし、使用するソフトは全て無料なのでご安心を。

※エックスサーバーでの移行手順

❶移転元Word Pressデータのバックアップ

(1)無料ソフト「FileZilla」でファイル一式のバックアップ

(2)無料ソフト「phpMyAdmin」でデータベースのバックアップ


→Word Pressのデータは、
MySQLというデータベースに保存されている。そのデータベースを管理するツールが、「phpMyAdmin」である。Word Pressのデータをバックアップする方法は、各サーバーによって異なるが、一般的に「phpMyAdmin」のエクスポート(輸出)機能を用いる。データのエクスポートは各サーバーのHP上からできることもあれば、フリーソフトを使用しないとできない場合もある。下記手順は各サーバーのHPからできない場合の方法である。

●手順1

phpMyAdminのサイトで「phpMyAdmin」をダウンロード(※1)

→必ず保存先は「Cドライブ」を指定!

FFFTPなどのFTPツール(※2)で取得したドメインにアクセス

(ここではFFFTPを使って解説する)

→FFFTP内で上記で保存した「phpMyAdmin」をアップロード

●手順2

・phpMyAdminのサイトで「phpMyAdmin」をダウンロード

→Webサーバーソフト、Apacheで開く必要あり(※1)

→Apacheをインストールし、Cドライブにコピペ

→Cドライブ上のApacheをテキストエディタ(ワードパット、TeraPadなど)で表示

→コマンドプロンプト(管理者のほう)でApacheインストール


※1 参考サイト

・phpMyAdminの入手方法(ホームページビルダーサービス)

・phpMyAdminの詳細ダウンロード方法(DB Online)

・FTPクライアント「FTP」の設定、使用方法

・Apacheの詳細インストール方法(TECH ADADEMY)

※2 FTPツール=ファイル転送ツール

・FFFTP、FileZillaなど


❷移転先(エックスサーバー)への移行

・エックスサーバーのサーバーパネル→「MySQL設定」でユーザー追加

→サーバーパネルの「phpMyAdmin(MySQL5.5)」へログイン


LINK

(1)???

・???

 

3 端末データ移行


WEB

Ⅰ パソコン 

(1)???

⇒???

(2)???

⇒???

(3)???

⇒???


Ⅱ 携帯電話 

(1)???

⇒???

(2)???

⇒???

(3)???

⇒???



LINK

(1)???

・???


(2)???

・???


MENU     TOP     HOME


 

LINK

vol.1 ASP Analyzer(Google AdsenseやA8を極める)

ML4:WM1-Affiliate(ネットビジネス代表)

ML5:WM2-Creation(ホームページ制作方法)

RR:LIFE NOTE2(愛する人の為に生きるナリ)

RR:CREATIVE NOTE1(アフィに特化するナリ)

RR:CREATIVE NOTE2(Google Adsense攻略ナリ)