LIFE ENERGY  HOME
U 科学(Musical life)

vol.34 Beauty Care




美容(=美しくなること、綺麗になること)をテーマとする。
見た目やにおいの側面から考察していく。

<目次>

1 ヘアケア〜髪を綺麗にする〜

2 フェイスケア〜顔を綺麗にする〜

3 ボディケア〜全身を綺麗にする〜


 

1 へアケア〜髪を綺麗にする〜


髪ケア。

★基本

(1)髪型
⇒髪型により大分印象が変わる。

・清潔感前提
→いかに凝っても、不潔なら逆効果

<男性>

・ストレート

・スポーツ刈

・坊主

<女性>

・ショートカット

・ミドル

・ロングヘア―

(2)散髪
⇒もっさりならないよう、内側をカットすることが重要。耳にかからないようにすると清潔。後ろはデジカメや鏡でチェック。

(3)洗髪
⇒シャンプーはフケの出ない、自分に合ったものを選ぶ。

・シャンプー
→髪表面や頭皮の汚れを落とす

・リンス&コンディショナー
→髪の表面を整える。ツヤや滑らかさを与える。

・トリートメント
→髪の表面と内部を保護する。油や栄養を補う。

(4)染髪
⇒髪の色を変え、イメチェンや気分転換を楽しむ。


★サービス

髪のケアの手助けをしてくれるお店やアイテムの数々。

(1)ビューティーパーク
⇒(株)フォーサイス運営。ヘアケアアイテムの通販サイト。20〜30代のオシャレ好きの女性を中心に大人気!2016年ネットショップ大賞受賞。

<商品>

・(株)キューテックの泡シャンプー+トリートメント:¥6,800(送料無料)
→通常よりお得セット。泡の細かさが通常シャンプーの4倍!髪をこすってダメージを与えず、強度を落とさず洗える。

・(株)キューテックのトリートメント4週間プログラムキット:¥2,400
→美容室のトリートメントのごとく上質で、価格も抑えめ。週2回、5分使用するだけで効果を発揮!髪をしなやかにする。



(2)オクト
⇒(株)ライオン開発。筆者愛用の薬用シャンプー。フケに悩まされていたが、これの利用で一気に解決!

(3)Raburo
⇒(株)医療情報研究所開発。お子様や敏感肌の方向け。肌に優しいシャンプー。

・シャンプー+コンディショナー
→初回特別価格¥3,980(通常価格¥8,000)

・原料全て天然成分。頭皮に活力を与える「アミノ酸」を多く含む。シャンプーごとの肌触りは滑らか。



(4)柿のさち
⇒(株)マックス開発。頭皮のフケ、かゆみ、ニオイを防ぐ。20代〜50代まで使える。

・シャンプー+コンディショナー
→¥4,665

・柿渋エキス(防菌防臭)+炭(清浄成分)のダブルパワー




 

2 フェイスケア〜顔を綺麗にする〜


顔のケア。

(1)覚醒
⇒寝すぎると目が腫れぼったくなるため、それだけでブサイクに。大切な人と会う前などは、起きて2〜3時間活動し、目がぱっちりするようになってから会った方がよい。

・洗顔

(2)コンタクトレンズ
⇒目が悪くても眼鏡をかけずにすむ神ツール。慣れたら両目1分以内にはめれる。

・目のかゆみ除去
→入れる前にしっかり目の中を洗い、かゆみを取り除いておく。

・フル開眼
→目にいれるときは目をしっかり開けていれないと中々うまく入らない。

・気になるならつけ直し
→一回入って外出すると、またつけ直すのがトイレでしなくてはならず大変な為、自宅でつける段階で気にならない程度に

・カラコン

(3)ひげ
男は人によって伸ばす人と綺麗に剃る人に分かれる。しかしビジネスマナー上は剃るべき。

・水濡らし→髭剃り
→色々あるが、安いので十分。そのまま剃ると肌を痛めるので、顔を濡らしてから剃るとスムーズに剃れる。

(4)鼻毛
⇒鼻の穴がむずむずしたら、小型バサミで鼻くそと一緒に取り除く。心が健やかに。

(5)歯磨き
⇒歯が綺麗か汚いかで大分印象が変わる。

・毎日2回

(7)口臭ケア
⇒超重要。日常生活や、特に接客業では人を不快にしないためにも大事。

・食後

<アイテム>

・フリスク

・ミンティア

・ミントスプレー
→即効性のあるものがいい。ポケットに携帯し、すぐに使えるもの。


 

3 ボディケア〜全身を綺麗にする〜


全身ケア。

★かゆみ

かゆい、というのは不潔な証拠。

(1)風呂
⇒毎日入る。

・タオルふき
⇒ボディーソープや石鹸をつけ、体をこする。タオルは生地が薄いものがいい。

(2)ウェットティッシュ
⇒除菌用がいい。

(3)爪切り

(4)ネイルアート
⇒主に女性。

(5)体臭ケア
⇒特に夏は汗が大敵。

・ボディペーパー
→顔と首周りの汗は優先的にふき取る。陰部もトイレでふき取れると心地よい。

(6)脇毛ケア

(7)陰毛ケア

(7)日焼けサロン





BACK       TOP      NEXT




 
LINK

vol.33 Health Care