LIFE ENERGY  HOME
U 科学(Musical life)

vol.38 Romantic Drops



結婚を前提とし、男女の出会い〜真剣な付き合い、
結婚、その後の家庭生活までを考え、
ハッピーライフを送る為の指南。

<目次>

1 出会〜異性と出会うキッカケを作る〜
2 投資〜異性と仲良くなる〜
3 デート〜異性と遊ぶ〜
4 家庭〜異性と暮らす〜



 

1 出会〜異性と出会うキッカケを作る〜


まずは出会わなければ始まらない。大事なのはきっかけ。
環境の要因が大きい。引きこもりはやめて、
自分から積極的に出会いの場(社交界)に飛び込んでいく。
まずは外見、内面を含め、好みの異性を見つけるまでの段階。

★シチュエーション

(1)通学通勤
⇒最も難易度が低い。

・学校→生徒同士、教員
・職場

(2)グループ参加
⇒仕事の余暇の時間などに参加し、候補を探す。

・塾
・サークル→自分の共通の趣味に関連したサークルに入る。
・相席屋
・街コン

(3)人脈
⇒知り合いや友達から紹介、人づてで拡散していく方法。

・合コン→友達の友達など

(4)お店
⇒自分は客で、相手は従業員という立場。数回通い、親しくなる。

・カフェ
・服屋
→お気に入りの店員に服選びの名目で話しかける。
・クラブ、パブ、バー
→夜の店。主に異性と会う目的で入るため、出会う敷居は低いが、プライベートで付き合うとなると話は別。ライバルが多い為、相当な努力は必要だろう。

(5)SNS
⇒出会い系、SNSなどネットを通じて知り合う。

・婚活サイト
・出会い系サイト

(6)ナンパ
⇒男性向け。最も難易度が高いが、最も理想的な方法。

・駅
・海→ナンパ待ちの女の子というのが意外にいるようだ。
・クラブ→出会い目的の人が多いんだとか。

★フロー

(1)マイベスト
⇒まず第一印象を良くする為、自分の身なりや準備を整える。

<パフォーマンス>
・髪型→清潔感
・顔トレ→目はぱっちり目を覚ます
・肉体美→スポーツなどで鍛える。スタイルいいか悪いか、第一印象で決まる。
・最善ファッション→清潔感、相手や環境に合わせる。
・ボイトレ→声が大きく、きれいになれば、話をきいてもらえる確率が高まる。

<準備>
・事前調査
→相手を観察し、誰と仲がいいか、既に相手がいないかなど探る。
・イメトレ
→相手が喜びそうな言動、手段。脳内でシミュレーション。

(2)タイプ
⇒まず自分が好きな相手かどうか。相手を知る

<ポイント>
・見た目
→人間は視覚動物。最初は見た目から入るのがセオリー。芸能人でいうと誰がタイプか?〜系(爽やか系、ワイルド系、清楚系、ギャル系等)が好きか?
・性格
→長く付き合うには中身が重要。自分と相性のいい性格とは?サバサバ系、誠実、等
・声(話し方)
・スキル
→趣味、特技

<相性>
・需給一致→会話が長続きする、フィーリングが合う。
・生きる糧→その人の事を考えるとテンションが上がる、元気が出る。

(3)ターゲット
⇒実際に仕掛ける相手。

・縁の深い人
→職場の同期や、何度もすれ違う人など

(4)サイン
⇒恋愛は片想いでは成立しない。両想いにする為には、相手が自分に興味があるか確かめる事が必要。

・アピール
→視線、話しかける、ほかあらゆる間接アピール
・相手好意
→何気ないサインで好きか嫌いか読み取る。
・チラ見
→目が合えば気がある可能性あり。ただ、凝視は威圧感を与えるのでNG。

(5)愛のバクダン
⇒最初の一歩はパワーがいる。自分から積極的に絡むきっかけを作る。

・率先挨拶
→とにかく会ったら自分から挨拶。
・隣に座る
・業務質問
→職場で仕事の内容について質問し、そこから会話を広げる。
・体当たり
→偶然ぶつかったふりをする。
・物を落とす
・指名
→お店限定。
・釣りメール
→SNS限定。返信をもらえそうな内容。
・友人協力
→独りでは友達いないと思われるなどマイナス効果がある為、友の力も借りる。
・関係連鎖
→ターゲットの知り合いと仲良くなり、対象の情報を仕入れる。

(6)ヘルプ
⇒相手が困っていれば出会いの絶好のチャンス!

・ボディガード
→男向け。よくドラマや映画にあるように、命や身の危険から守ってあげると、好感度大幅up、一気に恋人昇格も夢ではない。
・質問に答える
・道を教える
・物をもってあげる





 

2 投資〜異性と仲良くなる〜


好きな人と出会った後、仲良くなる為の手順。
本気の相手ほど焦らず、慎重に段階を踏むのが大事。
出会ってすぐデートに誘うのは禁物!断られ、気まずくなるのがオチ。
ある程度仲良くなり、警戒心を解かし、徐々に距離をつめていく。


(1)会話
⇒これなくして仲良くなることはありえない。

・競争率
→まず相手が既婚でないか、既に付き合っている人がいないか探る。
・質問
→夢、仕事、趣味など。相手のことを理解する。
・自己紹介
→仕事、趣味等自分のことを簡単に紹介。
・需給
→相手の好みや夢、環境などから自分がそれにそぐわないと判断したら、即諦める。

(2)自己アピール
⇒外面、内面、含む総合的パフォーマンス。

・ステータス
→職業、収入。
・エチケット
→口臭、体臭ケア。フリスク、ミンティア、ウェットティッシュなど。
・人間性
→どんな人にでもコミュニケーションが取れる社会性、特定の人にだけ見せる優しさ。
・面白トーク
→相手を飽きさせないネタを毎回用意。
・面白政治
→場を盛り上げるイベント主催、提案。
・特技
→即興でできる技を披露。もしくは証拠。
(例)ものまね、歌、スポーツ、絵画
・博識
→非常識、無知な輩より知的で物知りな方が頼りになり、好感もたれるのは確か。

(3)連絡先交換
⇒最低限繋がりをもつため必須。但し、ある程度面識をもってからでないと、断られる可能性がある。2回目以降は聞きにくい為、慎重にいく。

・名刺→今後会うことが難しい相手には、なんとか名刺を渡して連絡があるのを期待したい。
・メール→ウザくならない程度かつ、定期的に。
・電話→基本、緊急時のみ。

(4)ラブテク(好感度up法)
⇒相手の事をどれだけ好きかアピール。ライバルに負けない為、独自性も重要。好感度を上げる方法や、下げないための注意事項も含む。

<対象絞り>

・複数候補
→正式な恋人になるまでは、浮気という概念は存在しない。実際、何回か会ってみないと相性など分からない為、複数候補者と同時に付き合う。但し、仲良くなればなる程、他の異性の前で親しくすると浮気とみなされ、好感度が激減する可能性あり。
・シークレットロマン
→上記の理由から、本命相手の前では、他の異性と親しくしないのが無難。付き合う前の段階では、バレないように工作する。
・本命絞り
→複数候補者の中から最も相性の良い相手を結婚相手として仮定し、1人に絞る。

<好感度up法>

・ヨイショ
→とにかく相手を誉め、喜ばせる。
・ヘルプ投資
→困ってるときに助けると、その度合いが大きいほど好感度が高まるので、絶好のチャンス!
・ロマンメール
→恥ずかしくてメールでしか送れないような、ロマンチックな恋文を送る。

<付き合い方>

・競争
→意中の相手には必ずライバルがいる。その中でトップにならなければならない。特に顕著なのがお店。通う客は皆、指名の子をモノにしたくて必死。独自の特技や思いやりで自身の評判、株を上げるのが大事。
・一途&つかず離れず
→ライバルに負けない為の最大のアピール点は、一筋の、ブレない、本気の愛。但し、ガツガツいきすぎるとストーカーとみなされることがあるため逆効果。定期的に接触を図り、相手の態度に応じて程よい距離感を保つ。
・マメール
→メールをたくさんやり取りし、お互いのことをよく知る。
・ハニーキープ
→労力と時間をかけて積み上げた仲を壊すのは勿体ない。いつか会う約束をして一時連絡を控える等、関係良好な状態を維持したまま、保険をかけておく。
・長期プラン
→多くの場合、恋人候補は女性視点からみると、慎重にいきたいようだ。その為、男性はある程度誘いたい気持ちを抑えて、ときには我慢する必要がある。うまくいかないときは冷却期間をおいて、真の相性を確かめる。

(5)好感度チェック
⇒相手から見た自身の客観的評価。自分が好きなだけでは、恋愛は成り立たない。相手が自分をどう思っているかはふとした態度に出る為、逃さずチェック。意中の人からの好感度に陰りがみられるなら、上記の自己アピールやラブテクで好感度を上げる。

<高い>

・目が合う率→高いほど気があるのは確かだろう。
・愛想がいい→感情豊かで、笑顔を絶やさないなどの態度があれば、気がある可能性あり。
・多弁率→よく話しかけてくるほど良い。
・メール返信早い→それだけ多くコミュニケーションを取りたい証拠。
・密着度高い→スキンシップ多い=積極的と捉えられるが、ハニートラップの可能性もあり。

<低い>

・無視→目を合わせない、話しかけても無視だと、嫌われてる可能性が高い。
・愛想悪い→無表情だと何とも思われてない可能性が高い。
・メール無視、返信遅い
→単に忙しいだけの可能性もあるので、相手のスケジュールは事前に聞いておき、誤解は失くす。
・密着度低い→生理的に距離をおかれてる可能性あり。


(6)誘惑
⇒デートに誘う。

・最大譲歩
→相手の都合を最大限考慮。
・限界粘り
→明確に断られるまで、諦めず誘う。
・NG理由
→誘って断られた場合、その理由を確かめる。主に多忙なのかそうでないのかで判断。仕事や生活事情等やむをえない事情で忙しいならまだしも、曖昧な理由で断られた場合は脈なしと判断すべきだろう。





 

3 デート〜異性と遊ぶ〜


知り合いから友人、恋人に発展。
その後、さらに親密な関係になる為の遊び。

★段階

(1)初級-軽く食事
⇒スタンダード。お互いの事を知る

(2)中級-色んな遊び
⇒お互いの趣味に合わせてチョイスし、相性を確かめる

・カラオケ
・スポーツ
・ラウンドワン
→ボーリング、スポッチャ、アミューズメント
・映画
・博物館
・動植物館
・水族館
・遊園地
・ドライブ
・プール
・海
・花火大会
・バーベキュー
・池ボート

(3)上級-宿泊
⇒宿泊を共にし、肉体関係を伴う。

・自宅
→インドアな遊び、ゲーム、寝泊り
・温泉
・国内旅行
・海外旅行

(4)告白

(5)結婚


★実践

デートで成功し、成就するための秘訣

(1)演技

・台本用意
→恋愛ドラマの主人公になったつもりで予めドラマを想定し、セリフやパフォーマンスを考えておく

(2)なんでも屋(スーパーヘルプ)
⇒腕のみせどころ。上記のヘルプからさらに発展、恋人の為なら、なんにでもなる。

・教師→分からないことはなんでも教える
・飲み屋→ドリンクやつまみをあげる。酒は、性欲を上げる絶好のアイテム。
・料理人→ご飯を作ってあげる
・歌手→カラオケなどで、相手の好きな曲中心に歌い上げる。

(3)性行為

・スキンシップ
・前戯
・本番






 

4 家庭〜異性と暮らす〜

(1)???







BACK       TOP      NEXT