LIFE ENERGY

HOME
Ⅱ 科学(Musical life)

vol.164 Historic Theater4-Horror Movie


注目映画、名作映画まとめ。
第4弾はホラー映画。
作者の個人的主観で面白い順に表記しています(ジャンル別)。

<目次>

1 邦画~ジャパニーズホラー~

2 洋画~ワールドホラー~

3 CG・アニメ



ページ下部へ(LINK)


★更新:2018/5/3
★ページ完成度:




 

1 邦画~ジャパニーズホラー~

???

MOVIE

(1)貞子vs伽椰子(2016):★★★★★

⇒???

(6)口裂け女(2007~2008):★★★★

⇒???


❶口裂け女(2007)

→佐藤江梨子、水野美紀出演。

❷口裂け女2(2008)

→飛鳥凛(沢田真弓=口裂け女)主演。普通の少女が怪物になるまでの過程を丹念に描く。前半は姉妹3人の1人(沢田幸子)が結婚するという幸せな家庭が描かれるが、事件の元凶である幸子の元恋人が、自分が選ばれなかった憎しみで沢田家に忍び込み、真弓の顔に硫酸をかけ(幸子と間違い)、凛の母親を刺殺して家庭を滅茶苦茶にする。これがきっかけで真弓は学校でいじめに合うようになり、自分を裏切った友人や片想いだった先輩を殺してしまい、怪物になる。ずっとマスクをしているが、口裂け女としての姿を見せたのはラストの1シーンのみ。

●感想

→これは実話をもとに作られたそうで、男女の恋愛は実った側の幸せとは裏腹に、その背景には敗れた側の闇もそれだけ深く、恐ろしい。トラブルの火種だと感じた。

(9)こどもつかい(2017):★★★

⇒タッキー、門脇麦、有岡大貴(Hey!Say!Jump)出演。虐待を受ける子供がこどもつかい(タッキー)の力で大人への復讐をかける話。こどもつかいの正体はあるサーカス団の人形使い(トミー)の人形がある事件により怨みをもち、擬人化したものだった。


(10)ジョーカーゲーム(2012):★★★

●「映画だとヤリマンは必ず死ぬんだよ!」

→作中印象に残ったセリフ。ヤリマン役、沙織(愛名ミラ)がいわれる。

●主役(真希=鈴木裕乃=ひろの)が一番腹黒い

(11)携帯彼氏(2009、2012):★★★

❶携帯彼氏+(2012)

→「カテキョープラス」というアプリで、かつて死んで幽霊となった暴力教師が教師のアバターになり、評価がゼロになると携帯越しにしか見えない教師が持ち主の頭部を圧迫して殺害するという設定。殺された女子高生の目や鼻から血が溢れ出しているのが怖かった。

(12)携帯彼女(2011、2012):★★★

❶携帯彼女+(2012)

→逢沢りな(杏子=きょうこ役)、志尊淳(和也=オタク役)、荻野可鈴(携帯アイドルのアカネ役)主演。アイドル育成アプリ、「アイドルプラス」で育成するアイドルの好感度が0になると死ぬという設定。可愛い女子学生、杏子とオタクの和也は当初嫌い合っていたが、「アイドルプラス」が転送されてきたのをきっかけに徐々に仲良くなる。

(13)のぞきめ(2016):★★★

⇒板野友美(綾乃役)主演。山奥の廃村で化物とされる「のぞきめ」と視線が合うと呪われ、自ら車に轢かれたり目を潰したりして発狂してしまうというもの。のぞきめの正体は村を訪れた巡礼の少女で村の住人に監禁され殺された怨霊。主役、綾乃の悲鳴が「キャー」ではなく「あぁー!」と独特な声で面白かった。

LINK



 

2 洋画~ワールドホラー~

???

MOVIE

(1)バイオハザード:★★★★★

⇒???

(3)エイリアン:★★★★

⇒SF要素が多い。宇宙を舞台に、エイリアンとのバトルを繰り広げる。

●エイリアン

→巨大な昆虫のような身体で、その頭は男性のペニスを連想させ、女性を恐怖に陥れる。肉食昆虫のように素早く、獰猛。


❶コヴェナント(2017)

→人間の手で生み出されたアンドロイドは人間に忠実なはずだが、病原菌をもとに人に寄生して生まれるエイリアンの元凶だった。女性の犠牲者が多い。終始無表情で基本、人間の命令に忠実に動くが…最後が最も怖い。

(4)SAW:★★★★

⇒???

❶JIG SAW レガシー(2017):★★★★

→超グロい。罪人が強制的にゲームに参加させられるが、いずれも惨い結末を迎える。最後の骨まで溶かすというレーザーが怖かった…。

LINK


 

3 CG・アニメ

???

MOVIE

(1)バイオハザード:ヴェンデッタ(2017):★★★★★

⇒クリス、レオン、レベッカ主演。元軍人の武器商人、アリアスとの対決を描く。かなりスリリングな展開で面白い。おすすめ!

●前編洋館→後編街でドンパチ

→前編はこれぞバイオを彷彿させるホラーな内容だったが、後編は街でのド派手な抗争に。クリスとレオン、レベッカも戦闘力高すぎる。

●仲間で死亡1名のみ

→これまでバイオの映画では仲間が主要キャラ以外容赦なく死んでいったが、今回死亡した仲間は1人のみ。個人的に気になった女性キャラ、ナディアが生き残って良かった。

●謎の鱗粉でゾンビが人間に戻る→ハッピーエンド

→これまで、バイオでは一度ゾンビになってしまうと人間への復旧は不可だと認識していたが、ラストの空から降ってくる粉(ワクチン?)で街を徘徊しているゾンビが人間に戻るという奇跡が起こる。

LINK



MENU     TOP     HOME


 

LINK

vol.153 Enjoy Cinema(オールジャンル映画レビュー)

vol.154 Great Television(面白TV番組、動画)

vol.161 HT1 Action Movie(アクション・パニック映画)

vol.162 HT2 Social Movie(恋愛・コメディ映画)

vol.163 HT3 Mystery Movie(推理・サスペンス映画)

vol.165 HT5 Fantasic Movie(SF・ファンタジー映画)

vol.166 HT6 Drama Channel(TVドラマ)

vol.168 HT8 Variety Channel(バラエティー番組)

vol.170 HT10 Tales of Unusual(世にも奇妙な物語)