TRANCE NINJA        HOME
 

Ⅱ 奇忍(Lightning Chameleon)

虚空真悟の壮年期(2015年~)を描きます。
神出鬼没だった青年期から変貌を遂げ、変幻自在スタイルへと移行。
1つのことに執着せず、多彩な特技、趣味をもち、人生を豊かにする。
目的は人脈を築き、家庭をもつこと。

<目次>

虚空伝15 「虚空熱戦」

虚空伝16 「虚空楽園」

虚空伝17 「虚空宇宙」



※この伝記は実在の人物、出来事などに基づき加工されたものです。

虚空伝15「虚空熱戦(Heat Emotion)」(2017.3)



 フォーホッホッ! 久々に楽しい思い出ができたぞ、アンポンタン共!!
カラオケばかりではさすがに飽きるし一本調子だと感じ、たまには他のアグレッシブな活動、スポーツに取り組みたいと思って行ったのが、ズバリ
ラウンドワン!!
ラウンドワンは特にスポッチャがある店舗だと、ボーリング以外にもテニスやバドミントン、卓球等あらゆるスポーツを軽く満喫できて素晴らしいところだ。
刺激を求めるサイヤ人共にはうってつけの聖地だろう。
しかし主に1人ではできないような遊びが多く、1人で行くにもカラオケの個室と違って人目があるため中々厳しい。そこで共にしたのが、最近ノリがいいあかねっぴ!
ラウワンは深夜6時くらいまで空いているので、あかね氏の都合に合わせ、深夜に出動。博多半道橋にスポッチャがあるのでそこへ。
 最初は
ボウリングを2セット。5年以上ブランクあったため、1セット目はひどい点数だったが、2セット目は100点超えを達する。思ったのは、ガターだけは避けるようにすること、球の重さも大事で、ストライクを取るにはど真ん中目がけて正確に投げるといいということ。なお、女性のあかね氏とそこそこいい勝負であった(笑)。春休みだからなのか大学生っぽいのがたくさんいてビックリした。
勝負事では何か賭けると面白い。ベターなところでは負けたほうがおごる、か。
 次は屋上で
テニス、バドミントンを楽しむ。この2種目が一番盛り上がったかな。
自身、これらをやるのは学生時代ぶりだったが、その時よりか遥かにうまくできた。カラオケで運動神経も上がったのか?しかし、特にテニスはコートが広いため、球を追いかけて走り回ったり飛び跳ねたりしないといけないため、相当疲れた。しかしいい運動だ!! こんなに子供みたいにはしゃいだのは実に久しぶりだ。
 あとは卓球とかマリオカートとかダーツとか軽くやって帰宅。
ちなみに上の写真はリズムっていうプリクラ?で撮ってラウンドワンのアプリでQRコード読み取ってダウンロードしたもの。こんなの撮ったの生まれてはじめてじゃないか?
行ってくれたあかね氏には感謝です。一時的にリア充になれました(^-^)





虚空伝16「虚空楽園(Eden's Drive)」(2017.5)




カッカッカ!またも我が歴史に新たな伝説が刻まれた!!
マンネリ化を打破すべく、友人、U君の力を借りて実現した遠出デート!!
U君は最近、160万のハイブリッド軽自動車を購入し、それに友人第一号として乗車させてもらった。さらに、どうせなら女性も…ということで、タイミングよく連絡をくれたあかね氏を誘い、急な誘いにも関わらず承諾してくれたのだ。
行った場所は佐賀県武雄市にある、
「御船山楽園」。U君がフェイスブックの広告でみつけた場所だ。実際、あかね氏の都合などから、行きと帰りを含めて車の運転に主な時間を取られたが、景色はよく、自然に囲まれ存分に癒された。
何より、普段女性とこのような遠出デートをすることがないので、それが実現できたことが大きい。旅を通じて色々勉強することもある。例えば、土地勘を養うことだったり、一番恩恵を感じたのは、iPhoneのGoogleMap。車での最短ルートをナビし、目安時間まで出してくれるので、知らない土地に出向く際も、これさえあれば情報は完璧である。車のカーナビもあるが、たまに案内がおかしくなることがあり、U君がそのナビのせいで道を間違えてしまった。しかしあかね氏が佐賀出身ということもあり、皆の協力により、無事時間通りに到着し、帰還することに成功。旅に協力は不可欠だと感じた。
しかし、我が自力でいけるようになったほうがいいような気もするが…ウーム。





虚空伝17「虚空宇宙(Space Satan)」(2017.7)




グハハ!久しぶりだな、愚民ども。我は遂に、絶叫マシーンを攻略し、宇宙を支配した。攻略したマシーン名は「ザ・ターン」、「ツイン・マーキュリー」、「タイタンMAX」、「ヴィーナスGP」だ。最初に乗ったのが「ザ・ターン」なのだが、これはいきなりロケットダッシュから始まり、80°くらいの垂直に近いレールを上ったあと、天辺から急降下だ!これは正直、心臓が止まりそうになった('ω') 時間は30秒位で、速攻終わったが、全部乗った中で一番ヒヤっとしたぞ!我の付添いであるアカネ姫は我より怖いもの知らずで、全部一番前に乗りたがる。狂気の沙汰か!「ツイン・マーキュリー」は水上コースターで、真っ暗のトンネルを滑走したり、最後水上急降下でダイブだ!中々濡れたぞ。タイタンやヴィーナスはまあ普通のジェットコースターでかなり激しく揺れて頭が痛くなった。怖さから逃れる方法は、急降下時は特に「目を瞑る」こと!これで怖さが軽減される。時期的に夏休み前で平日ということもあって、どれも待ち時間なしで乗れて快適だったぞ。スぺースワールドが我らに支配され、閉鎖に追い込まれるのは残念だが、まさにジェットコースターのごとくハイテンションになれて一生の思い出に刻まれたぞ!ご苦労だった。安らかに眠るがよい…。

★「日本旅行」様よりお得なツアー多数掲載!






BACK    TOP   NEXT