REAL RHAPSODY 
 HOME

 
MICRO NOTE

※ミクロノートでは、語り手の居住地域や個人的趣向に傾向が偏っています。ご了承ください。

★語り手:「ごんし」。活動地域は主に九州、特に福岡。性格は内向的で、友達を作るのが苦手。
しかし妙にプライドが高く、自分の世界の中に多数の部下を抱える。

 

P3.OUTDOOR NOTE part2


主に友達、恋人と一緒に過ごす為の最適な場所を考察します。

<目次>

【6】ミックスデート

【7】ハウステンボス・マスター

【8】アフターナイト~夜の帝王になるナリ~

【9】???

【10】???



ページ下部へ(LINK)





 

【6】ミックスデート



★初筆:2017/12/29
★更新:2017/12/29


ごんし「ふう~、今年も終わりかあ~、来年はさらにAi嬢と進展を深めたいところだ。ワシとAi嬢、ワシの友達カップルとチームを作ってるんだが、月に1回は2人きりのデートと、チームデート(ミックスデート)に行きたい。ミックスデートの利点としては、2人とは違う会話の盛り上がりや、色んな意見が聞けるため、新たな発見や楽しみがあるのだ。適度な感覚でデートを重ねることで、恋人への昇格を狙いたいところだ。」

★基本コース

ごんし「近所のデートだな。仕事終わりとか気軽に楽しむデート。」

①映画とカラオケコース

ごんし「ワシの中では定番中定番コースだ。カラオケと映画は最も気軽に楽しめる娯楽であり、ワシの中では最強の組み合わせと思っておる。特にカラオケは歌というモテる特技を披露できる絶好の場なのだ。それに、Ai嬢とはよく映画の話をするのだが、当然のことながら男女の違いもあり、好みの映画も異なる。デートのさいは、彼女が好きな映画をチョイスするべき。最近話したところ、佐藤健が出演する“8年越しの花嫁”の予告編を見ただけで泣いたといっていたから、1月は一緒に身に行けたらいいな(=゚ω゚)ノ」

●時間融通が利く!
→カラオケは深夜~朝までOK!映画は(受付)22時くらいまで。

●飽きない!
→カラオケは歌える曲を増やし、映画は新作品が続々出てくるため、やり方にもよるが、自分も空いても飽きずに楽しめる無限の可能性を秘めている。


②ラウンドワン


⇒これまた外れなし!あらゆるスポーツが楽しめる。ミックスデート向け。無論、2人でも楽しめる。

●深夜~朝までOK!

★浪漫コース

ごんし「上の基本コースと違って、特定の観光スポットに行き、ロマンを楽しむコース。」

①城島

②グリーンランド

③ハウステンボス



LINK


 

【7】ハウステンボス・マスター




★初筆:2018/3/3
★更新:2018/3/23


ごんし「ひゃはーーーーー!!遂にきたぞ!おなごと夢の国、ハウステンボスに行ける日が!! では早速、当日最大限楽しめるように、対策を練らなければなるまい。」

まず、博多駅→ハウステンボスまで電車で行くのは確定してるのだが、いくらかかって、どの位で着くのか調べてみよう。

行きは博多に15時待合せ→17時到着(17時~チケットが安くなる為)
帰りは21時→23時に博多着くらいの予定である。
どうやら、時間調べると帰りは最も遅くて、ハウステンボス駅21時20分発になるようだ。

★行き

そこで、列車検索サイト、“NAVITIME”JR九州のHPYahoo!路線情報で調べてみた。
時間的に、有力なのは、以下の2つ。

①14:30→16:24(1時間52分) 特急(自由席)乗り換え0回コース:¥3360

・JR鹿児島本線特急ハウステンボス15号

②15:31→17:19(1時間48分) 特急(自由席)乗り換え0回コース:¥3360

・JR鹿児島本線特急ハウステンボス17号(4番のりば)


★帰り

帰りは時間いっぱい楽しむことを考え、1番遅い便だと、下記1択だな。

①20:20(20:53)→22:50(1時間57分) 快速→特急コース:¥3360

・ハウステンボス→早岐(JR大村線佐世保行):
20:20→20:25
・ハウステンボス→早岐(シーサイドライナー佐世保行):
20:53→20:58

・早岐(2番のりば、JR佐世保線特急みどり32号)→博多:
21:00→22:50
・早岐(1,4,5番のりば、JR佐世保線鳥栖行)→佐賀(JR特急かもめ48号)→博多:
21:46→23:05→23:42

※早岐=はいき。どうやら早岐駅が鍵になるようだ。ハウステンボス→博多直で検索ではなく、ハウステンボス→早岐経由で検索した方がよい。

ごんし「切符とか何度も買うのダルイので、行きに往復で買おうと思うのだが、毎回気になるのが、今回の場合のように、帰りが特急1本ではないため、帰りにその券が使えるか?という点。前のスペースワールドのときは行きは特急→快速に乗り換え、帰りは快速→特急に乗り換えだったが、まあネットで調べたら料金より安かったし、問題なかった。まあ、乗り換えるとき改札口通さなきゃイケないワケじゃないし、問題ないかな? でも念の為、行きに駅員への確認と、帰りのハウステンボス駅や博多駅で改札口ブロックされたら、駅員に見せて通してもらえばいいと思われる。」




ごんし「あとは料金だな。2人で行くのだが、運賃は一部おごり、チケット代は各自の予定なので下記料金になる。」

・運賃:¥6720×2(-¥3000)=¥13440-¥3000(=約¥10000)

・チケット代:¥5000

★計:約¥15000+予備¥5000=約¥20000

まあ、最低これだけかかると考えておこう。


★事後報告 

ごんし「あ~、ハウステンボスよかった~、これで念願の夢が1つ叶ったといえるな~。でも予想通り、たった3時間そこらでアトラクションを満喫するなんて不可能だった。では行って分かったことをまとめようと思う。」

①運賃は、1人あたり往復¥5000!

→2人で¥1万なので、思ったより負担額少なくてよかった!!

行きは想定通り、帰りはハウステンボス駅発20:53→早岐20:58→特急21:00への乗り換えがタイミングシビアかと思ったが、降りてすぐ向かい側だったので楽勝だった!この時間が1番無駄がないので、次行く時も是非この時間で乗ろう!!

②アトラクションは、「バハムートディスコ」が一押し!

→この日はVR系中心に楽しんだが、あまり期待してなかったリズム系VR、「バハムートディスコ」が1番面白かった!360度の個室で地面も動き、ルールは単純ながら結構激しく動くため、受け身でなく能動的に楽しめた!さすがスクエニ!!
ちなみに今回楽しんだアトラクション、イベントは以下の6種。

●VRの館:★

→無料ゾーンと有料ゾーンあったが、無料ゾーンはやる気さえ起きず、有料ゾーンはフリーパス対象外で1つあたり¥400くらいかかり、周りから丸見えなので恥ずかしい。最も期待外れだった。

●ホライゾン・アドベンチャープラス:★★★

→前見た時と全く変わってなかったが、相変わらず水の量が凄かった。

●VR-KING:★★★

→ハウステンボス的には一押しだったようだが、待ち時間が長い割に大したことなかった。本場のジェットコースターには負ける。でも仮想ジェットコースターの舞台が都市?とかジャングルとか現実ではありえない所を通るのが面白かった。

●スリラー・パレード(名称不明):★★★★

→これはアトラクションじゃなくて、スリラーシティ周辺をイルミネーションの乗り物とか背の高い猫の着ぐるみとかがパレード進行するもの。中々見応えがあった。

●スリラー・マッピングショー(名称不明):★★★★

→時期限定のショーらしい。スリラーシティの建物を背景にに音楽に合わせて変化するイルミネーション、ライトアップ、映像を楽しむもの。中々迫力があった。

●バハムートディスコ:★★★★★


ごんし「いやー、記念撮影もできたし良かった良かった!また今度誘って行こう!」


LINK



 

【8】アフターナイト~夜の帝王になるナリ~




★初筆:2018/4/20
★更新:2018/4/20


ごんし「こほ~、最近分かったことがある。人間というものは、新しいことをどんどん取り入れていかないと腐ってしまう。

ワシのハニーの事情で、最近は深夜でないと遊ぶことができないんだが、今まではビッグエコーとラウンドワンの2パターンで、そればかりだと飽きられてしまうと思い、色々調べた。

★アフタースポット 

①カラオケ付バー


→カラオケが歌えれば面白いかな。

また、帰りが始発まで1人で過ごす時間もあるため、それも考慮しなければならん。今までは、ジャンカラのフリータイムが¥1300くらいで安いので、いつもお世話になっておる。しかし本当に疲れているときはゆっくり寝たいので、別パターンも考えた。以下はワシの浅知恵で編み出した小技である。

★サバイバルナイト 

①ラブホテルで3時間休憩


→ラブホテルといっても1人でも余裕で入れ、1時間単位、2時間単位など短時間単位で選択できるので、意外と安くて済む。

②大便室で歯磨き

→外出時間が長くなると、どうしても歯が不潔になりがち。しかし外出先でも歯磨きできれば歯の健康を保てる。便利なことに、ドラッグストアで安価で使い捨て歯磨きセットも販売されている。

☆おすすめ歯磨きセット

・ガム・トラベルセット:¥300

ごんし「しかし、中々ワシみたいな律儀な男児は、公衆トイレで堂々と歯磨きをするのはためらってしまう。そこで、どれだけ周囲に迷惑をかけずに歯磨きをするか考えた。それは、大便にいくついでに大便室で歯も磨くこと!これは効率的に一石二鳥ジャマイカ!?最後、洗面所に人が誰もいないことを見計らってうがいすればいいことだし。ワシって天才じゃね?」

③コンタクトケース持参

→これは常識かもしれんが、コンタクト組にとっては、はめるのが大変なのでうかつに外せないのが難点。コンタクトをつけたまま寝るのは目に悪く、また、眠れない。その為、寝るときはコンタクトは外すのが常識である。問題は、外すタイミングと、はめるタイミング、場所。

●コンタクトケースは必須!
→外すときはケースに水を入れ、コンタクトを中に保管する。

●場所はホテルがベスト
→誰にも迷惑にならない場所といえばホテルのプライベート個室。難しいなら、カラオケ店とか公衆トイレでやるしかないだろう。


LINK

『』

???



 

【9】???




★初筆:
★更新:


ごんし「」


LINK


「」



 

【10】???




★初筆:
★更新:


ごんし「」



LINK


「」

???


MENU     TOP     HOME


 

LINK

ON1:ジャンカラやラウンドワンを満喫するナリ

ML104:九州ツアー(ハウステンボスや湯布院等)

EL1:ハウステンボス(九州一のテーマパーク)

ML91:Country Road(公共交通機関の乗り換え案内)

ML88:ブリリアントバケーション(旅を楽しむ極意)

LIFE NOTE(ライフノート)パート1

LIFE NOTE(ライフノート)パート2

BUSINESS NOTE(ビジネスノート)パート1

BUSINESS NOTE(ビジネスノート)パート2

SNS NOTE(エスエヌエスノート)