LIFE ENERGY
 U 科学(Musical life)

vol.17 Best Learning5-Terra Watching



現代社会において、特に重要な学問を取り上げる。
第5弾は環境学。宇宙、及び地球環境について学ぶ。

<ページのベクトル>

<目次>

1 天文学

2 環境学〜天気や自然保護〜

3 化学・物理学






★更新:2020/8/3
★ページ完成度:20%(公開NG)
★文字数:約1600字(未達成)


キーワード検索





1 天文学


???

SCAN

T 天体一覧

???

(1)???

???

U ???

???

(1)???

???


LINK

2 環境学〜天気や自然保護〜


???

SCAN

T 気象学

天候や災害

(1)???

???

(2)???

???

U 環境保護

環境保護に努めることで動植物を守り、空気を浄化させることにつながる。自然を守る為に私達ができること。環境破壊になる主な要因として、石油、石炭、天然ガスといった化石燃料(古来の動植物の死骸が堆積し、化石になったもののうち、燃料として用いられるもの)の消費による二酸化炭素の排出があげられる。

(1)エアコンの使用を控える

冷暖房機器の使用により化石燃料を燃焼させ、二酸化炭素を発生させる。これは地球温暖化につながる。よって常時使用は避け、勤務中のみ使用、定期的に切る、扇風機やうちわ、カーテンによる温度調整などで節電を心がけることが必要。

(2)ごみの減量と分別

ごみを燃焼することで二酸化炭素や有害物質であるダイオキシンを発生させ、地球温暖化を進めてしまい、環境に負担をかける。ごみを減らす為に私達のできることは、物や商品を無駄遣いしないこと、これに尽きる。例えばレジ袋はゴミ袋として活用したり、食器や文房具など繰り返し使えるものは大事に使うこと。食材も生ごみを減らす為に余すことなく使用し、作り過ぎない、余ったものは冷蔵庫に入れて次の食事で使う、といった工夫をする。分別が必要なワケは、ペットボトルや鉄などの燃えないゴミを資源として
再利用できるように仕分ける為である。

(3)ガソリン車の使用を抑制する

現在一般的に普及しているガソリン車の利用も、二酸化炭素を排出する要因の1つ。通勤や買い物、旅行などで公共交通機関が充実している交通の便がいい場所の場合はなるべく公共交通機関を使う、また、自家用車を使う場合でもアイドリングストップなどのエコドライブを心がけることで排出を抑えることが可能。また、現在次世代車として徐々に普及しつつある電気自動車やハイブリッドカーを購入、利用することも選択肢の1つ。

(4)再生可能エネルギーを導入する

再生可能エネルギーとは「太陽光発電」「風力発電」「水力発電」「地熱発電」「バイオマス発電」といった繰り返し利用可能なエネルギーを指す。これらを個人宅や事務所に導入するには多額の資金がかかるが、これらの技術を開発している企業に就職したり、投資、支援するなどで推進可能である。

※参考サイト

・私たちにもできる環境保全活動とは(gooddo)

・環境にやさしい再生可能エネルギー(エネチェンジ)

LINK

(1)電気自動車の試乗・購入:新日本住設(株)



話題の環境に優しい電気自動車が月々9,800円〜で利用可能。燃料費は電気で、ガソリンより圧倒的にお得。車にあまりこだわりがなく、移動手段として利用している人向け。

※関西エリア(大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良・和歌山)のみ対応


(2)【リサイクルマシーン通販サイト】フードサイクラー:モダニティ(株)



エコの先進国カナダにより開発された、簡単な生ごみリサイクルマシン。家庭の生ごみをわずか3時間〜で栄養豊富な土と肥料に変化させる。


3 化学・物理学


???

SCAN

???

T 化学

???

(1)???

???

U 物理学

???

(1)???

???



LINK





LINK