LIFE ENERGY
Ⅱ 科学(Musical life)

vol.10 Time Travel4-World History



現代人が最低限知っておくべき重要な歴史まとめ。
第二弾は、世界史。

<ページのベクトル>

<目次>

1 古代(紀元前~5世紀)

2 中世(5世紀~15世紀)

3 近世~現代(15世紀~21世紀)






★更新:2020/7/8
★ページ完成度:17%(公開NG)
★文字数:約1700字(未達成)


キーワード検索






1 古代(紀元前~5世紀)


???

TOPICS

Ⅰ ヨーロッパ史

(1)キリスト生誕(紀元元年)

⇒???

Ⅱ アジア史

(1)仏教開祖(紀元前450年)

⇒インド北部で釈迦(シッダルダ)によって仏教が開かれる。

Ⅲ アメリカ史

???

Ⅳ アフリカ・オセアニア史

???

LINK

(1)【書籍】世界の歴史 大図鑑:アダム・ハート=デイヴィス




⇒全620ページ、オールカラーのコンパクト版!(25.6×21.6×3.4)。歴史的出来事や重要な歴史的人物特集や民主主義や資本主義など思想の違い、科学技術や技術革新についての内容充実!


2 中世(5世紀~15世紀)


???

TOPICS

Ⅰ ヨーロッパ史

???

(1)ルネサンス(14~16世紀)

⇒古典古代のギリシア・ローマの文化・芸術を復興しようとする運動。この運動が起きた経緯はゲルマン民族という蛮族の侵入や、神を絶対視し人間を罪深いものとするローマ教皇の思想が支配している中世を「暗黒時代」とみて、それから人間を解放しようとする働きによるもの。レオナルド・ダ・ヴィンチ(絵画:モナリザ)、ダンテ(文学:神曲)、ミケランジェロ(絵画・彫刻・建築)らが活躍した。

Ⅱ アジア史

???

Ⅲ アメリカ史

???

Ⅳ アフリカ・オセアニア史

???

LINK

(1)【文学】神曲

⇒???

3 近世~現代(15世紀~21世紀)


???

TOPICS

Ⅰ ヨーロッパ史

(1)産業革命(18世紀半ば~19世紀)

⇒綿織物の技術革新や製鉄業の成長、蒸気機関の開発による蒸気船や鉄道の発明などの産業の大きな変革のこと。これにより生活が格段に豊かになった。石炭、蒸気機関を動力源とする軽工業中心の発展を第一次産業革命、石油を動力源とする重工業中心の発展を第二次産業革命と呼ぶ。

(2)フランス革命(1789年~1799年)

⇒???

(3)ナポレオン戦争(1803年~1815年)

⇒???


(4)スペイン風邪(1918~1921年)

⇒世界各国で流行したインフルエンザにより、多くの死者を出した出来事。当時はインフルエンザという病気が知られておらず、単なる風邪の扱いがされていた。発祥はアメリカ。世界中で5億人が感染したとされ、その中で最も多くの被害を受けたのがスペインである。スペイン風邪のウィルスを発見したのは電子顕微鏡が開発された1930年代で、分離に成功したのは1935年である。

Ⅱ アジア史

???

Ⅲ アメリカ史

???

(1)世界大恐慌(1929年)

⇒アメリカのニューヨークから始まった、株価の大暴落により経済が破綻した事件。その経緯はこうである。大恐慌が起こる前、ヨーロッパを主戦場として第一次世界大戦が勃発しており、戦時中はそれまでヨーロッパで作っていた工業製品や農作物をアメリカで作り、余剰分を輸出することでアメリカの景気は右肩上がりになっていた。そして世界中からアメリカの企業の株を買う人が増えたが、アメリカの過剰な生産力により商品の売れ残りが生じるようになり、ヨーロッパの国々の経済も持ち直してきた為、アメリカの生産物は少しずつ売れなくなってきた。そしてある日(1929年10月24日)、ニューヨークの証券取引所で株価の大暴落が起こる。これにより銀行や企業、工場の倒産が相次ぎ、失業者が25%にも上がった。

Ⅳ アフリカ・オセアニア史

???

LINK







LINK

Japan History(日本の歴史的事件)