LIFE ENERGY
Ⅱ 科学(Musical life)

vol.108 World Wide1-United-Kingdom



海外旅行に行くうえでの大まかな要所まとめ。
第1弾は、イギリス。

<ページのベクトル>

<地図>



<目次>


1 南部

2 北部






★更新:2020/5/16
★ページ完成度:20%(公開NG)
★文字数:約1870字(未達成)


キーワード検索






1 南部


INFO

首都ロンドンはイギリス南部にあるため、観光のメインは南部になるだろう。

●日本からのアクセス

→成田(千葉)・羽田(東京)→ロンドン:約12時間30分

Ⅰ ロンドン

(1)バッキンガム宮殿

⇒イギリス国王が住む宮殿。現君主エリザベス2世の住居。毎年夏季のみステートルーム(客室)が一般公開される。客室ではレンブラントやルーベンスなど絵画・彫刻のコレクション、ヨーロッパ中最高級の家具や陶器など数々の美術品が鑑賞できる。

・「衛兵交替式」:宮殿内部の警備をする兵隊と次に任務を担当する兵隊と交代する儀式。4~7月は毎日、それ以外は隔日で行われる。時間帯は10:30~11:45位。兵隊の赤い制服と黒い帽子が象徴的。

●営業時間:(内部は7/21~9/30のみ営業)9:30~19:00

●入場料:24ポンド(約3200円)


(2)大英博物館

⇒世界最大の博物館の1つ。収蔵点数は約800万点、常設展示物は約15万点ほど。ロゼッタストーンやミイラ、モアイ像など幅広いコレクションを誇る。

●営業時間:10:00~17:30

●入場料:無料


(3)ビック・ベン

⇒???

(4)ロンドン塔

⇒???

(5)タワーブリッジ

⇒???

(6)ロンドン・アイ

⇒???

(7)ナショナルギャラリー

⇒???

(8)???

⇒???

Ⅱ ???

コッツウォルズ、ソールズベリー

(1)コッツウォルズ

⇒昔の英国を彷彿させるのどかな田園風景が広がる丘陵(きゅうりょう)地帯で、人気観光地。イングランドの中心。

・ライムストーンやハニーストーンを用いた蜂蜜色(薄い黄・橙色)の建物が美しい。

●バイブリー

→ハリーポッターの世界のような村で、コッツウォルズ定番の観光地。環境保護団体により管理されていて賃貸として人が生活している。この村の中心には「コルン川」が流れ、この川は非常に透明度が高いため、野生の鴨や白鳥を見かけることができる。

●グロースター大聖堂

→ハリーポッターのロケ地となった聖堂。コッツウォルズ地方のシンボル。壮大なノルマン建築が特徴的。

・見学は無料だが写真撮影は3ポンド(約400円)かかる。

※参考サイト

・コッツウォルズの風景を堪能!(Compathy Magazine)

(2)ストーンヘンジ(ソールズベリー)

⇒???

LINK

(1)THE BODY SHOP:(株)イオンフォレスト



⇒イギリスの自然派化粧品ブランド。イギリスで手作り化粧品の店としてスタートし、1987年には国際的な化粧品ブランドとして世界に先駆け、フェアトレード(国際取引)開始。

●アイテム紹介

・「ボディバター」シリーズ…2,484円。バターのようなテクスチャーの保湿クリーム。バターのように肌でとろけてなめらか上質肌に♪ 「オリーブ」「ストロベリー」「ココナッツ」など様々な種類あり!

(2)エイゴックス:(株)シンプソン



⇒自宅で本格的な英会話レッスンが体験できる、オンライン英会話スクール。アメリカ、イギリス、フィリピン人などのネイティブ講師の中から好みの講師を選び、受講できる。

●料金プラン
→「ポイント定期プラン」か「毎日プラン」

・「ポイント定期プラン」ではポイントを購入し、自分のペースで受講できる。1カ月上限200ポイント(月額1,980円)~から選択できる。

・1レッスンは25分、「レギュラー講師」なら100ポイント使用


2 北部


INFO

???

Ⅰ ???

エディンバラ

(1)エディンバラ城(エディンバラ)

⇒???

(2)???

⇒???

Ⅱ???

(1)???


⇒???

(2)???

⇒???


LINK






LINK

World Wide(世界各国、世界遺産)

UnitedStates-of-America(人気No.1、アメリカ)


Thailand(仏教三大寺院)