LIFE ENERGY
Ⅱ 科学(Musical life)

vol.12 Time Travel4-Historical Foreigner



現代人が最低限知っておくべき重要時事問題やニュース、歴史まとめ。
第4弾は、外国の歴史的人物についてまとめる。
各人物がどのような性格で、どのような偉業を成し遂げたかに着眼点を置く。

<ページのベクトル>

<目次>


1 古代

2 中世~近世

3 近代






★更新:2020/5/15
★ページ完成度:25%(公開NG)
★文字数:約2800字(未達成)


キーワード検索






1 古代


・古代ヨーロッパ:紀元前~5世紀まで
・古代アジア:紀元前~900年くらいまで

TOPICS


(1)クレオパトラ7世(紀元前69~紀元前30年)

⇒古代エジプト、プトレマイオス朝最後の女王(ファラオ)。絶世の美女として知られる。

❶美貌、美声と巧みな話術

→単純に顔の造形が美しく、小鳥のような声、教養も兼ね備え、話も得意だった。

❷ローマの政治家、カエサルや執政官アントニウスに色仕掛けする

→エジプトは国家的危機を抱えていたため、当時強大な勢力を誇っていたローマの人物に自身の女性としての魅力を利用して味方に取り込む。ローマの英雄を2人も手なづけたので魔性の女ともいわれていた。

❸ローマに戦争を挑み、敗北(アクティウムの海戦)

→紀元前31年に勃発した「アクティウムの海戦」(ローマ内戦。オクタティアヌス派とエジプト連合軍VSマルクス派)で敗北し、自殺した。

(2)???

⇒???

(3)???

⇒???

LINK

(1)【映画】クレオパトラ Amazon DVDコレクション:20世紀フォックスホームエンターテイメント・ジャパン



※上の画像よりAmazonの通販ページに飛びます

⇒1963年度アカデミー賞4部門を受賞した、エリザベス・テイラーの代表作!クレオパトラの生涯を製作費290億円、出演者22万3千人という史上最大のスケールで描く。

・美しく際立つニュー・デジタルリマスター採用。

・Amazonなら超特別価格で販売!!

2 中世~近世


・中世ヨーロッパ:5世紀~15世紀

TOPICS

Ⅰ 軍人・政治家

(1)マクベス(1005-1057)

⇒スコットランド王。シェイクスピアの戯曲「マクベス」で有名。

(2)リチャード1世(1157-1199)

⇒プランタジネット朝の第2代イングランド王。生涯の大半を戦闘で過ごす。

(3)エドワード黒太子(1330-1376)

⇒???

※参考サイト

・中世ヨーロッパの人物の知名度(知名度.net)

Ⅱ 科学者・芸術家

(1)ノストラダムス(1503-1566)


⇒ルネサンス期フランスの医師、占星術師、詩人。

LINK

(1)???

⇒???

3 近世~近代


・近世ヨーロッパ:15世紀~19世紀初頭

TOPICS

Ⅰ 軍人・政治家

(1)リンカーン(1809-1865)


⇒アメリカの政治家、弁護士、初代大統領。南北戦争終結の5日後、観劇中に暗殺される。

❶奴隷解放宣言~ゲティスバーグ演説(1862~1863)

→1862年、「奴隷解放宣言」を行い南軍兵士が保持する奴隷の解放を命じた。そして1863年にはゲティスバーグにある国立戦没者墓地において「
人民の、人民のための、人民による政治」という有名なフレーズを唱えたこの演説は2分程度で終わったという。

(2)ヒトラー(1889~1945)

⇒???


(3)ナポレオン(1769~1821)

⇒革命期フランスの軍人・政治家。幼少期は小説家に憧れる無口で友達の少ない小柄な少年だったが、着実に出世街道を突き進み、英雄となる。

❶軍人として活躍(1795~)

→戦争の天才として知られるナポレオン。なんと勝率は約9割。1795年、パリで起きた「ヴァンデミエールの反乱」では、この時副官であったナポレオンは首都の市街地で一般市民に対し大砲(ぶどう弾)を撃つという大胆な戦法で鎮圧に成功。これにより「国内軍司令官」に昇格した。

❷ナポレオン法典(1804)公布

→フランス民衆から「総裁政府」を糾弾する声が高まっていた為、ナポレオンはクーデターを起こし、「統領政府」を樹立し、自ら第一統領となった。そこで各勢力との戦争や同盟のほか内政面でも改革を行った。1800年に「フランス銀行」を設立し、通貨と経済の安定を計ったり、各地の慣習を統一した初の本格的な民法典、「ナポレオン法典」で「万人の法の前の平等」「信教の自由」「経済活動の自由」等近代的な価値観を取り入れた法律を定めた。

❸国民投票で皇帝に就き、怒涛の勢力拡大(1804)

→1796~1815年までのナポレオンによって起こされた一連の戦争を「ナポレオン戦争」と呼ぶ。ナポレオン勢力はイギリス・スウェーデンを除くヨーロッパ全土を制圧し、絶頂期を迎える。ナポレオン軍の強さの所以はナポレオン自体が人気で、軍自体が金で寄せ集めた傭兵ではなくフランス王政から脱しようとする士気の高い軍隊だったということ、戦略が従来の常識を超え、敵が動き始めてから勝機を見出し、人間の弱点を突いていくという戦の本質を突いたものだったからに他ならない。

❹百日天下(1815)

→ヨーロッパ諸国との戦いに敗れ、フランス皇帝を退位したナポレオンだったが、その後皇帝に即位したルイ18世の政治に不満の声が多かった為、ナポレオンが復位。そして自身に批判的な勢力との妥協を試みたが、拒否された為結局戦争へ。しかし戦いで完敗した為、彼の天下は幕を閉じる。

(4)マリー・アントワネット(1755-1793)

⇒???

Ⅱ 科学者・芸術家

(1)ガリレオ・ガリレイ(1564~1642)


⇒???

(2)アインシュタイン(1879~1955)

⇒ドイツの科学者。

LINK






LINK

Historical Japanese:日本の歴史的人物

Japan History:日本の歴史的事件

World History:世界の歴史的事件