TRANCE NINJA       
 

Ⅱ 奇忍(Lightning Chameleon)-Part3~虚空飛沫~


虚空真悟の壮年期(2015年~)を描きます。
神出鬼没だった青年期から変貌を遂げ、
変幻自在スタイルへと移行。
1つのことに執着せず、多彩な特技、趣味をもち、
人生を豊かにする。
目的は人脈を築き、家庭をもつこと。

<目次>

虚空伝21 「虚空飛沫(Marine Splash)」

虚空伝22 「虚空覚醒(Rising Sun)」

虚空伝23「虚空悪夢(Death Note」

虚空伝24 「」

虚空伝25「」





キーワード検索


PROMOTION



※この伝記は実在の人物、出来事などに基づき加工されたものです。

虚空伝21「虚空飛沫(Marine Splash」(2018.11)

TN2/pink.jpg


…永き沈黙をへて我は悟り、決意した…。

この前、ai嬢と前々から行く予定だったマリンワールドに行ってきた。もう福岡で楽しめそうな場所は限られているし、彼女があまり遠出したがらないので、この場所に落ち着いた。今の時期は「アニマルオールスター」なるイベントを開催しており、普段見れないフクロウやカメレオンなど森の動物も見ることができる。しかしマリンワールド自体の見るべき場所もあまり多くないし、彼女の体調があまり良くないので半日だけのプチデートとなった。

我の願望としては今後熊本のグリーンランドとか大分の城島高原パークとか、色々なテーマパークなどに遊びに行きたいところなのだが、果たして彼女がどこまで乗ってくれるか…

彼女はまだ30にもなってないのに「もう年だ…」と疲れを口に出しており、すかさず我は「まだ若い!」と突っ込むのであるが、相手のことを完全に理解しないうちから、余計なおせっかいを出すのは気が知れる。そう…我は彼女のことは会話する範疇でしか知らないのだ。ストーカーじゃないし、実家の場所すらしらん。

ひとまず今の仕事を続けたまま大阪とか東京まで遠出するのは難しそうなので、一番いいのは我が早く経済的に一人前になって彼女に告白し、彼女をフリーにしてあげることだろう。

ここで問題になるのが“
タイムリミット”である。彼女が我からのアプローチを待っているかという話は置いておいて、告白するタイミングが遅ければ遅いほど彼女が別の男に取られてしまう確率が上がってしまうため、我が告白するタイミングは早ければ早い程いいだろう。幸い、何度もデートには付き合ってくれている為、脈はあると考えている。

彼女がいうには
2019年6月までは恐らく誰とも付き合わないということなので、それまでに我のビジネスで成果が上がっていればよいが…

LINK

「」:

⇒???


虚空伝22「虚空覚醒(Rising Sun)」(2020/10)




ヒッヒッヒ!久しぶりだな。とうとう人間を超越し、新人類になった虚空マンドリルであるが、最近の我はというと、前回話したai嬢(虚空あいり)は我を見限って音信不通になり、結婚したらしい。なぜ女は突然音信不通を好むのか?これは永遠のテーマである。以降特定の相手はいなかったのだが、最近ハッピーメールにハマっている。

これまでマッチングアプリではろくに会えるまで漕ぎつけなかったのであるが、概ね顔写真ありが業者で、顔写真なしが素人率が高いことに気づき、ハッピーメールの掲示板ですぐに出会えることを知ってからはその遊びにハマっている。しかし最初は業者と素人の区別がつかず、自称ジムのトレーナーの太めの女に出会いキャンセルしたら恐喝されたのだが、ここは忍びの足を発揮しスタコラ逃げた。この恐怖体験をしてからは業者の見極め力がかなり強まったといえるだろう。

それとこれまで実家暮らしだったのだが、とうとう両親が自立せぬ我に対し痺れを切らし、我に自活させる為に別居し、我に強制的に1人暮らしさせようという戦法に出た!これは望むところである。食事や洗濯、掃除、仕入れといったことを全て自分で調達しなくてはいけなくなるので、面倒かもしれんがその分、自由だ。

そもそも我がなぜ1人暮らしに踏み切らないかというのも、収入に不安がある、彼女ができない等々の理由がある。収入面では我がもう6年以上勤めている会社で昇給するのがいいんだろうが、大幅な収入upは望めぬ…

そこでかれこれずっとライフワークとしてがんばっているウェブ事業を成功させたいところだが、今年4月のGoogleによる通称コロナアップデートを受け、我のサイトがアクセス大幅ダウン…これは正直メンタル的にやられたのだが、試行錯誤をへて、Google広告を使うことを試してみた。クリックされるごとにお金はかかるものの、効果は抜群!アクセス数は持ち直した。

よくよく考えてみれば、アフィリエイトやYoutubeなどは無料で事業ができるのが魅力だが、近年では参入者が多いため、競争が激しい。その為ほとんどの者が没落していくわけだが、本気で面白いサイトや動画を作りたい、社会にアピールしお金も稼ぎたい!と思う者はお金をかけてでも取り組むはず。それは一般的なビジネスとしては当然のことだ。どの企業でも広告を使っている。

無論、前提としてアピールする商品やサービスが良質であることが前提となる。下らない商品を宣伝しても悪評が広がるだけで逆効果だろう。まずはいい作品やサービスを作り、広告を使って拡散する。これが王道パターンだ。いやはや、Google広告は素晴らしい。自分で1日単位で金額上限を設定でき、我は月で上限1万5000円と計算し、1日あたりでは500円に設定している。広告を作るのも面白い。当分これにお世話になるだろう。

LINK

『』:

→???


虚空伝23「虚空悪夢(Death Note)」(2021/4)



南無阿弥陀仏…今日に限ったことではないが、休日の朝目覚めると、ふと自分に向き合い、空虚な気持ちになる。我はなんで生きているのだ。今の社会に向いてない気がする…これまでの人生、特に学生自体はすべて黒歴史。彼女を作るチャンスがあったのにかかわらず、その機をことごとく逃し、今や手遅れだ。どんどん老けていくばかりで、気づけば味方といえば両親ぐらいだ。両親がいなくなったら、我などいなくなっても悲しむ者など誰1人としていないだろう。次があるなら早く人生リセットして輪廻転生したい気分だ。しかし今の日本は生き地獄…自分の意志で生きてない。仕方なく国に生かされて生きている。死ねば葬式代など家族に迷惑をかけるだけ。自殺などすれば、なんとなくあの世で罰を受ける気がする。しかし、我にこれ以上生きる価値があるのか?

…とこんなこと書いてみたが、Googleさんはこういうネガティブ記事を書くことを許さない。ポジティブに考えよう。与えられた人生を全うすれば、必ず報われると信じよう。死ぬまで努力を続け、自分のことを愛してくれる人を見つけよう。死ぬ覚悟があればなんでもできる。ニュースで芸能人をはじめ自殺する人が相次ぐが、表では明るくふるまっていても、ふと1人になったときにこうしたネガティブ感情がふいに湧いてくるのは、我に限らず誰しも経験あるかもしれん。まあ、少なくとも自分が死んで悲しむ人がいるのなら、まだ生きる価値はあるかもな。あ、そうだ。あんたがもし死にたいなどとうつけを抜かしている場合は、「
死ぬまでにやりたいことリスト」を作ることをおすすめするぞ!

LINK

『』:

→???


虚空伝24「()」()




カッカッカ!

LINK

『』:

→???


虚空伝25「()」()




ムフフ・・・


LINK

『』:

→???





LINK

虚空伝説4 - 奇忍PART2~虚空革命~

虚空伝説3 - 奇忍PART1~虚空変態~

虚空伝説2 - 青忍PART2~虚空乱舞~

虚空伝説1 - 青忍PART1~虚空忍法~

③虚空歌唱1 精密採点DX最高得点表(男性編)

④虚空歌唱2 精密採点DX最高得点表(女性、洋楽編)