LIFE ENERGY  HOME
U 科学(Musical life)

vol.1 Memento Mori〜人生攻略〜



リアルを生きる決意。現代を幸せに生き抜く術まとめ。

<ページのベクトル>



<目次>

1 人生目的〜生きる意味を決める〜

2 計画実行〜限られた時間を大切に〜

3 無念無想〜あるがままの心で生きる〜



ページ下部へ(LINK)


★更新:2018/4/9
★ページ完成度:40%



 

1 人生目的-生きる意味を決める


夢をつかむため、時間と心をフル活用。

ARTS


T 心得 - 時間と心をフル活用 

己の命は夢を果たす為のツール。

(1)現代哲学

⇒現代を生き抜くにあたって、心得ておくべきこと。

・夢は無限
→信じてた夢が真の夢とは限らない。1つの夢を諦めると、新たな可能性が生まれる。

・無価値
→自分の為にも、世間の為にもならないことはやめよう。

・死を意識
→いつ死ぬかわからないから、生きてるうちにできることをしなければならない。

・仕事=苦行
→苦しみを対価に報酬をえる。人の役に立つ分、有意義な時間だ。

・対価報酬
→給料を貰えるということは、それだけ人に評価されてるということだ。

・自殺禁止
→命は自分だけのものではない。輪廻転生、命を無駄遣いすると、来世に罰を受ける。

・マンネリ防止
→常に新しいことにチャレンジすることで、心が若くいられる。

(2)夢設定

⇒生きる目的を決める。

・本当にやりたい?
→仕事や義務でなく、自分が能動的にやりたいかどうか?


・金になる?
→金にならなければ単なる趣味。

(3)時間フル活用

⇒人生はタイムアタック。限られた時間しかない。夢を仕事化する。

・義務づけ
→物事を着実に進めるには、自分が決めたことをやり通す意志の強さが必要。

・心無視
→やるべきことをしっかりやるには、ダルい、メンドくさい等のマイナス感情は不要。


・時間縛り
→30分、1時間単位など、物事に区切りをつけることで、作業にメリハリがつく。

・安定
→基本ルールを設けることで仕事が安定する。しかし機械的で淡々としやすい。

(4)心覚醒

⇒潜在意識(=自身の潜在的欲求)に従う。但し、プラスの感情のみ。

・無意識が最強
→欲求に忠実に動くと、洪水のように作業がはかどる。

・ルール無視
→決めたことを頑なにこなす必要はない。心が反対するなら、その力に従うほうがいい。

・遊び心
→マンネリ化を防ぐ為、常に楽しさ、面白さを追い求める。

・不安定
→心に従うと状況により一変する。怠惰にもなるし、感情が高まれば凄まじい力を発揮する。

※時間と心どちらを優先するかはその日の状況により決める。

※欲求が蠢くなら、それに従うほうが楽で効率がいいので素直にやりたいことをやり、怠惰で無駄な時間を過ごす位なら、自分を義務で縛りつけ、そこからはまることもある。



U 夢 - 人が生きる目的 

人にとって夢とは多種多様。夢こそ、その人の人格を内包する根源といえる。よって、人が具体的にどのような夢をもっているかを知ることは一番重要。ということで、よくありがちな夢を羅列してみる。

(1)天職に就く

⇒誰もが憧れる職業に就く。

・芸能人

・芸術家
→漫画家、イラストレーター、作曲家など

・歌手

・モデル

(2)理想の人と結婚する

⇒多くは芸能人だろう。相手の好みを知ることで、その人に近付くよう努力できる。

(3)豪華な家に住む
⇒不自由のない生活、贅沢な生活

●海外に住む
⇒旅行好きな人にありがち。今の国籍に不満で、海外に憧れを抱く者。

(4)ブランド物を手に入れる
⇒物欲に焦点を当てる。

・高級車

・バッグ

LINK

(1)ビデオマーケット:(株)ビデオマーケット



・人気のドラマ・アニメ・映画本数が16万本以上!!

・プレミアムコース、プレミアム&見放題コースの2種類あり!

(2)ドリームウェイ:(株)ドリームウェイ



・日本一当たる宝くじの購入代行サービス!

・24時間ネットで受付可能!!



 

2 計画実行-限られた時間を大切に


夢を具体的に叶える為の、仕事の選び方。

ARTS

T プラン - マクロからミクロへ 

⇒時間を主体とした計画。

(1)ライフプラン(マクロ)

⇒人生すべてを時間軸に据えた計画。

★ライフワーク
→自分が一番やりたい仕事。

★ビジネスプラン
→現実的生活の為にする仕事。

・本業
→主な収入源ととなる仕事。安定かつ肉体的にも精神的にも長続きする職業が望ましい。人に聞かれたときに答える肩書きになる為、認知性の高い職業の方がいいだろう。

・副業
→パートで働く、ネットで広告収入を得るなど。

(2)デイリープラン(ミクロ)

⇒1日単位。集中性、効率性を高める為、何時から何時まで何をするかという区切りをつける。

★優先順位の法則

→当日何をするかというのは、複数やりたいことがあるときは、重要性の高い順、やりたい順序で行う。

・“やりたいことリスト”作成
→自身がやりたいことを箇条書きし、優先順位が高い順に並べる。

●時間縛り
→欲張ってあれこれやろうとすると、どれも中途半端になる。その為、1日に行うテーマはある程度絞り込み、その日はその事に集中する。

・テーマ割
→何時から何時までテーマA、何時〜何時までテーマB、というように時間で制約をつけて集中する。学校や職場でいう、時間割。

●睡眠時間
→何時から何時まで寝るかを設定し、眠気や予定に応じて本眠と仮眠を使い分ける。

・本眠(6〜8時間)
→一度にまとめてぐっすり休む場合

・仮眠(2〜3時間)
→時間調整の為などで短時間だけ寝る。

・目覚まし時計(アラーム)
→睡眠管理をする為には必須。携帯電話のアラームでもいい。



U アクティビティ - 具体的な活動 

仕事やスポーツ、恋愛、クリエイティブな活動など、実践的なこと全般。

(1)リアル目標
⇒全ての活動は、具体的な目標=到達点があって成り立つ。自分が行おうとしていることは、何の為か?ということを明確にする。それは必ずしも自分自身が直面することでなくても、架空の自分、架空の顧客を想定し、最善の対策は何か?を見出せればなりきりでも構わない。

<例>

・月に○万稼ぐ
→人の欲求や仕事内容によって金額がかなり上下する。

・カラオケで100点取る

・海外に行くための下調べ
→もし仮に自分、もしくは友人が海外に行くとして、何が必要か?を綿密に調べておく

・理想の恋人を手に入れる為のノウハウ

(2)最短効率
⇒時間は資源。極限まで無駄をそぎ落とし、最短ルートを開発する。

・テーマ絞り
→最初の頃はあれこれ手を出すのもいいが、人により得意分野や成功する分野は限られる。自分が好きなことと、成功する分野は必ずしも同じとは限らない。むしろ、相異していることが多い。

(3)実験結果論
⇒一番分かりやすいのは、自分が好きなことで一度挑戦してみて、結果的に一番成果が出る分野を本業にする方法。

<例>

・面接を受ける

・賞に応募する

・告白する


LINK

(1)タイムチケット:(株)グローバルウェイ



・タイムチケットとは、何かのスキルをもっている人の時間を、そのスキルを必要としている人に30分単位で売買するサービス。

・スキルはパソコンスキル、稼げる方法、SNS写真テクニック、デート必勝法など多岐にわたる。

(2)???

・???


 

3 無念無想〜あるがままの心で生きる〜


命を燃やす。

ARTS

T 臨機応変 

潜在意識を主体とする。

(1)エネルギー(E)管理

⇒自己メンテナンス、体調管理。肉体Eと精神Eがあり、各々消費構造が違うため、バランスよく活用することで無駄のない活動ができる。

●肉体エネルギーと精神エネルギー

・肉体エネルギー(肉体E)
→身体を動かすことにより消費。

・精神エネルギー(精神E)
→頭を使う、感情を使う、作業に集中するなどにより消費。

☆休息(リフレッシュ)
→エネルギーリセット。

・休憩:〜2時間
→区切りがついたときなど、調子を整えたいときは、軽く休む。

・睡眠:2時間以上
→疲労により、業務に差し支えるときは、思い切ってぐっすり寝て回復させる。

(2)モード切替

●マイブーム

→今、やりたいことをやるのが一番効率的。

・興味優先
→自分が心惹かれる事を優先的に行う。複数予定ある時、興味ある順に行う。

・スリープモードとアクティブモード
→休むときと活動するときは緩急をはっきりつけ、無駄のない動きを心がける。

・仕事モードと遊びモード
→ギャップが人間的面白さになる。

・変換効率
→考えてもアイデアが浮かばないときは、気持ちを別の事にパッと切り替える。

(3)アドリブ

⇒台本や計画というのは、あくまで土台にすぎない。輝く演技や作品はパフォーマーの心、個性により生み出される。

●計画変更

・ヒートアップ→延長
→特定の物事が調子よく軌道に乗っているときはその勢いを活かし、先に控えている時間を予定を削ってでも今の物事を優先する。

・無駄削除
→全て予定通りでなく、その時無駄と感じたものは切り捨てる。

(4)緊急会議

⇒リスク案件(=金銭面や安全面、時間面から失敗した時の損失の可能性があるギャンブル案件)に対し最新の情報を入手し、直前の直観や感情、期待度に応じてその行動を本当に実行するかどうか決断する。



U ゲーム理論 

投資や遊びにおいて大事なのが、投資額に合った効用=満足度を得られるかどうかだろう。

(1)人生は選択の連続
⇒シェイクスピアの名言

(2)リスクとリターン
⇒ほとんどの選択、行動が想定される危険度(リスク)と、得られる喜び(リターン)が基準となる。

・金銭リスク
→リスクの代表といえば、お金。

(3)ワクワク投資
⇒お金を払うサービスに対し、いかに想像し、期待できるか、ワクワクできるかが重要。支払う金額が大きいほど、直前まで悩み、ワクワク度に応じて実際に投資(支払)するか決める。


LINK






MENU     TOP     HOME

 

LINK

Artistic Life Vol.4 「命術」(Life Arts)

Artistic Life Vol.5 「時術」(Real Arts)

Artistic Life Vol.12 「心術」(Soul Arts)