REAL RHAPSODY 

CREATIVE NOTE

クリエイティブノートでは、当ホームページをはじめ、Youtube動画や電子書籍など、筆者の創作活動の記録について語ります。

電子書籍とサイト特化ナリ(CREATIVE NOTE6)


筆者の創作活動について語ります。

<目次>

【26】電子書籍作るナリ

【27】電子書籍販売するナリ

【28】サイトをもっと特化するナリ

【29】サイトを動画化するナリ

【30】電子書籍販売実績と今後ナリ





★ページ完成度:53%(公開OK)
★文字数:約5300字(未達成)



キーワード検索


PROMOTION

『外付けHDD 1TB』:バッファロー




ごんし「パソコンのデータのバックアップ取りたいならコレ!1000GB=1TBまでバックアップできる!使い方は簡単!USB接続するだけ!」




【21】電子書籍作るナリ



★初筆:2021/5/18
★更新:2021/5/31


ごんし「どうも。かねてよりサイト作りに精を出しているのだが、アフィリエイトで稼ぐのは無理ゲーなのではないか!?と思い直し、イケハヤなど多くのインフルエンサーが推奨している、コンテンツ販売、その中でもとりわけ電子書籍の販売を試してみようと思っているところだ。ちょうどサイトのほうも哲学編を完成させ、1つの区切りがついたとこだし、虚空哲学という本を出版してみたい。


Ⅰ 電子書籍のメリットとデメリット

ごんし「これまでのようにサイトや動画作りを続けるのと比較し、電子書籍の制作も加える場合の、メリットとデメリットをまとめてみたい。」

●メリット

・アフィリエイトと違い、広告主に振り回されることがない
・本当の意味で自分の商品を作れる
・新しいことをやるのは楽しい
・サイトと違い更新料不要。一度出版、購入されたら
永続的に閲覧可能

ごんし「ブログやYoutubeはすべて無料公開で、収入は広告依存。広告はワシ自身も好きじゃないし、収入も対して出てないので、新しいことに踏み切るのは正解だろう。サイトはXserverでサーバー代払って公開しているが、その気になればいつでも公開停止できる一方、電子書籍の場合は一度出版、販売すれば、自身が販売止めるか、会社がサービス停止しない限り永続的に読者は読めるというのがメリット。」

●デメリット

・制作に時間を使うので、他の事業進行が遅れる
・売れるまでの宣伝など知名度upが大変

ごんし「サイト作りなんか、アフィリエイトを本格的に始めて4年以上たつが(2017/4~)、時間をかけている割に収入面で大きな進捗なし。時間がかかることは覚悟していたが…電子書籍に時間を使う分、サイト作りが少し遅れる点はデメリットではあるかもしれんが、別にいいのではないかと思える。」

Ⅱ 何を出版するナリか?

ごんし「いやはや…こないだ記念すべき初のコンテンツ販売、初の電子書籍である虚空哲学を出版してからというもの、気分がいい。始めて自分の商品を得たのだから。というワケでこの調子で、どんどん電子書籍を販売していくつもりであるが、サイトや動画作りも並行してやりたいので、問題なのはどの順番で、何を出すかだ。

サイトや動画はいつでも公開停止できるという特徴を考慮すれば、サイト内の文章や画像をそのまま、またはアレンジして本で出すのは全く問題ないだろう。ネタがあれば公開済みか否かに関わらず、
全部出す。電子書籍で出版するのは、我がオリジナルプロジェクトの中のLIFE ENERGY、PUREGALAXY、SWEET AMOREの3種類を予定しておる。LIFE ENERGYとPUREGALAXYは貪欲に日本語版と英語版を出版予定だ。」

(1)LIFE ENERGY

ごんし「ビジネス書として出す。シリーズとして虚空哲学編1巻、虚空科学編全6巻、あとは虚空博学編と虚空語学編もか。この2編は巻数未定。」

(2)PUREGALAXY

ごんし「漫画として出す。シリーズとしてオーロラアイランド編やレンタルレイナ編など、ストーリーの区切りがついたら出版予定。1巻あたり3話ぐらいがボリューム的に最適か?」

(3)SWEET AMORE

ごんし「画集として出す。サイトで現状公開してるのは、電子書籍だとちょっと小さいかなと思っておる。これはサイズ編集が必要。今んとこ下記4つのシリーズで販売予定。」

●顔編(Tasty Face)

●出会い編

●デート編

●エッチ編



【27】電子書籍販売するナリ



★初筆:2021/6/6
★更新:2021/6/15


ごんし「電子書籍アップロードしたはいいが、なぜか原稿の1ページ目がPDFファイルやEPUBファイルでは表示されてるのに、Kindleにアップロードすると1ページ目だけ消えている…なぜだ!これによりPC上の見開きだとページがずれてきて困る。

以降、これを避けるには原稿の1ページ目は表紙を入れておき重複させておくか。

Ⅰ 制作タイミング

ごんし「これより、サイトや動画は電子書籍を作るための布石と考える。ネタや素材が溜まったタイミングですぐ出す。虚空哲学を作って思ったが、電子書籍を作るときは集中してやらんとダメだ。普段はサイト・ブログ→動画→サイト・ブログのループで進行しているのだが、いずれかのプロジェクトが区切りついた段階で、サイトや動画作りを一時休止し、電子書籍の制作に集中するようにしよう。現在のプロジェクトプランでは2025年3月を区切りにルーティーンを変更予定で、下記の通り。」

●XB終了迄(~2025/3):XB9日→SA3日→KC8日

●XB終了後(2025/4~):KC14日→SA6日


ごんし「このように、ブログであるXBが終わるまではサイト主体で進行し、XBが終わった後は動画メインに制作する。電子書籍については、XB終了前後に関わらず一定期間ごとに制作する予定だ。問題点は、電子書籍に時間を割くことでXBの進行が遅れることだが、今後電子書籍をメインに計画をずらしていけば問題ないだろう。
自分の商品作るほうが大事。XB再開は、現時点であるストックを全部電子書籍化してからでも遅くないだろう。」

Ⅱ 第1シーズンでは計6作品リリース

ごんし「2021年5月より終わるまで、日本語版3作品、英語版3作品、計6作品を制作、販売予定だ。これを電子書籍制作プロジェクトの第1シーズンとしよう。」

(1)虚空哲学~人生の攻略本~

(2)KOCOO PHILOSOPHY

(3)PUREGALAXY オーロラアイランド編

(4)PUREGALAXY Aurora Island

(5)PUREGALAXY グローバルツーリング編

(6)PUREGALAXY Grobal Tooling



【28】サイトをもっと特化するナリ



★初筆:2021/8/21
★更新:2022/7/28


ごんし「ああ…サイトの完成まで程遠い…ふと思った。ワシは、自分が決めたことに縛られていすぎではないか?と。 当初はWikipediaのようなサイトを作ろうと意気込んでおったが、さすがに1人であれこれとなんでもまとめるのは無理があるし、時間がいくらあっても足りぬ。それにどれも中途半端になる気がするし、SEO的にも良くない。

そこでそろそろ限界を感じ始めたので、もっと早く収益化したいと思い、SEO対策も兼ねてページの一部を削除、または非公開にしようと考える。 そして
自分が本当に興味のあるテーマ、 できれば世間的にも需要があるテーマに絞り、公開していこうと思う。こうしてやり残したことを早く終わらせてダメなら就活か…。」

Ⅰ 特化するページ決めるナリ

ごんし「当ホームページの科学は、全部で180テーマもあり、最も大きなシェア(全体の30%)を占める。
6テーマ完成したらHP全体の1%完成する計算になる。 数が多い分、未完成ページも多い。まず、完成ページと未完成ページを区別するため、まとめページにて完成ページのタイトルは太字、未完成ページのテーマタイトルは細字にしよう。そこで、これから更新、公開していくページを決めようと思う。これらに特化し、しっかり稼ぐぞー!!」

●LE科学で特化するページ

ごんし「旅行系はコロナの影響で当分更新いいかな…。逆に盛り上がりそうなのはゲームとか映画系か。」

●LE博学で特化するページ

ごんし「博学はJT EXPERTとIT EXPERTの2種類あり、各々30Pずつの予定なのだが、その内訳をどうするかまだ未定。大まかに分ければIT EXPERTはウェブ系で、JT EXPERTはそれ以外。さらに方向性を絞るため、JT、ITごとに2分野に分けることにしよう。 JTは
虚空トレンド編とゲーム美学編、 ITはネットビジネス編とアプリ開発編

JTの虚空トレンド編は例えばニュースや店舗系など。ゲーム美食編は何に特化するか決めておきたい。FF、無双、バイオ、ドラクエあたりかな。

ITのネットビジネス編はYoutubeや電子書籍で稼ぐ方法など、アプリ開発編は将来コクウランドとして運営していく為の布石。」


Ⅱ 科学の具体的に進める順番決めるナリ

ごんし「今自分が置かれている状況に合わせて臨機応変かつ、
優先度順に進める。 1テーマ完遂ごとに、ブログを1記事並行して書く。 現在の優先候補は下記の通り。」

①ML127:飲食店
②ML177:無双
③ML166:ドラマ
④ML68~73:トーク関連
⑤ML154、161~166:映画、ドラマ関連
⑥ML21:保育


①ML127:飲食店

ごんし「8月女とのデート約束があるため。」

②ML177:無双

ごんし「最近無双8Empiresにハマっているため。」

③ML166:ドラマ

ごんし「最近Huluで家なき子や金田一少年の事件簿を見てるため。」

④ML68~73:トーク関連

ごんし「日常コミュニケーションに活かすため」

⑥ML21:保育

ごんし「いずれ恋人や子供ができたら妊婦に関する知識が必要なため。流産とか…」

Ⅲ 博学の具体的に進める順番決めるナリ

ごんし「博学にかんしては2022/6時点では、XBのテーマと並行して進めることになっておる。ゲームとかアプリ開発についてはテーマを煮詰めていかねばなるまい。現在の優先候補は下記の通り。」

①EL32:SNS攻略
②EL39:出会い系攻略
③EL5:ダンディズム


①EL32:SNS攻略

②EL39:出会い系攻略

③EL5:ダンディズム


【29】サイトを動画化するナリ



★初筆:2021/8/29
★更新:2021/8/29


ごんし「時は来た…我がサイトを進化させる時が。それは、動画を導入すること!プログラミングの勉強も合わせ、動くサイトへとシフトさせていこうというわけだ。

Ⅰ どこを動画にするナリか?

(1)hirohataworldのロゴをキラキラさせる

ごんし「トップクラスの一番上だし、目立つし、簡単に作成できそうだから。」

(2)電子書籍をスライドショーにする

ごんし「多くのページを見せることで訪問者の興味を惹くため。」

(3)表紙をアニメ化する

ごんし「これは骨が折れそうだが、実現すれば楽しいかも。ダルマさんが転んだみたいに、一部のキャラクターのみ動くとかだったら手間も少なくて面白いかも。」

Ⅱ どうやって動画を挿入するナリか?

(1)まず動画を作成する

ごんし「サイト用にフォーカスした複数の画像素材ないし、GIF動画を作る。容量が重くならないように気をつける。使うソフトについてだが…」

●Adobe Premiere pro

ごんし「これはGIF動画も作れるようだ。」

※参考サイト

・Premiere proでGIFアニメーションを書き出す方法(Btuber」)

●ウェブアニメーター

ごんし「ホームページビルダーに付属してるソフト。簡単なGIF動画を作れる。複数の画像を組み合わせて動画にしたり、動く文字を感覚的に作れる。」

(2)動画をサイト内に挿入する

ごんし「ウェブアニメーターを使う場合はコードを自分でいじらなくてもできそうだ。なお、動画にリンクも挿入できる。自分でコーディングする場合だが…」

●GIF動画の場合、<img src="">!

ごんし「これは意外。ウェブアニメーターでGIF動画試しにサイトに貼り付けてコード確認してみたら、普通に画像タグだった。拡張子はgif。」

●<video>タグを使う

ごんし「MP4とかGIF動画以外だとvideoタグ使うのかな?」



【30】電子書籍販売実績と今後ナリ



★初筆:2021/9/9
★更新:2021/9/9


ごんし「うーむ、電子書籍について、ホームページ&Google広告で宣伝作戦の効果はあまりない。電子書籍を出版すると、Kindleのマイページでどれぐらい読まれたか確認できる。
Kindle Unlimited(読み放題対象)の作品だと、新規閲覧数に応じて収益が得られる仕組み(1ページあたり平均0.5円くらい?)があるはずだが、レポートで見ても売れた分は収益確認できるものの、読まれたページ数に応じた収益が入っているかは確認ができなかった。

しかしやっと見方が分かった。マイページのレポート→
履歴をクリックすれば電子書籍のロイヤリティ(トータルの売上)+KENPロイヤリティ(既読分の収益)が確認できる。」

Ⅰ 第2シーズン突入ナリ

ごんし「」







LINK


サイト完成させるナリ(CREATIVE NOTE5)

動画とアプリ革命ナリ(CREATIVE NOTE4)

著作権やアフィ収入事情ナリ(CREATIVE NOTE3)

Google Adsense攻略ナリ(CREATIVE NOTE2)

IT系専門職目指すナリ(BUSINESS NOTE3)

EBook Marketing:電子書籍で稼ぐ方法

SEO:アクセスupの秘訣

Dramatic Recording:録音・録画と動画編集


Affiliate:ネットビジネス代表

Creation:ホームページ制作方法

ASP Analyzer:Google AdsenseやA8を極める

Server Transport:プロバイダーやWord Press移行


Deep Impact(現代アート制作技法)

Creative Policy(クリエイターの著作権問題)


Original Project:6種の創造的活動

KOCOO BOOK:虚空真悟の電子書籍