LIFE ENERGY   HOME
Ⅰ哲学(Artistic life)

vol.2 戒(Life theme)


戒、とはすなわち自身が人生においてなすべき事柄を自分自身で義務付けること。
広報・倫理・芸能・環境・生産・芸術の6種の夢タイプの中から1種を選択、天職を定め、
プロジェクトタイトルを設定する。さらにそれに付随して他の5種のプロジェクトも独自に設定する。なぜ全ての夢タイプを設定する必要があるかというと、個人の社会的人格を形成するためにはある程度の万能性、応用性を備えていることが不可欠であり、自分が得意な分野にのみ精通していても生活が単調になり、いつかマンネリをきたす恐れがある為である。 生活のマンネリは心の堕落、無気力症候群を引き起こし、何事に対してもやる気が起こらなくなってしまう。それを防ぐためにも自分にあった夢、および夢バランスを6種の夢の中から的確に選択し、自分に合ったリズムで進めていかなければならない。
6種の夢分類の詳細は以下の通り。

<目次>

Ⅰ 広報戒(Logical Project)

Ⅱ 倫理戒(Ethical Project)

Ⅲ 芸能戒(Performance Project)

Ⅳ 環境戒(Architecture Project)

Ⅴ 生産戒(Industrial Project)

Ⅵ 芸術戒(Flash Project)



ページ下部へ(LINK)


★更新:2018/5/6
★ページ完成度:20%




 

Ⅰ 広報戒(Logical Project)~知識、伝導~



❶解説

6戒のうち、主に“コミュニケーション”を主軸においたプロジェクト。
社会に適応するにあたって万能性が高く、ほぼすべての人にとって欠かせない課題となる。知識や情報は人から人へと伝達していくことで意味をもち、共有することで付加価値を生むからだ。せっかく学習や勉学によって自分の脳内にだけ知識をインプットしても、それを外に放出するアウトプット能力がなければあまり意味をなさない。アウトプット手段にも様々あり、会話や筆記、論文、録音、演説、放送、WEB等自分が得意な方法で伝えればよい。

職業でいうなら学者や研究員、教師、アナウンサー、営業マンなどがこのプロジェクトタイプにあたる。肝心なのは何を伝えるかだが、これは自分が特に興味のある事柄や重要だと思うこと、多くの人に訴えかけるべき内容にすべきだ。あまり独創的すぎる考えや一般的すぎる事柄に偏るのではなく、自分の考えと社会的な認識のズレを相互に調整し合い、人に興味をもってもらえる内容にしよう。

❷成功者たち

●ユング

●ガリレオ・ガリレイ

●澤口俊之

LINK




 

2 倫理戒(Ethical Project)~慈愛、政策~



❶解説


社会のため公共政策を施すプロジェクト。慈悲・慈愛を根源とする。職業でいうと政治家、経営者、医者。弁護士、介護士、宗教家など。6戒のうち最もヒューマニズムにあふれたプロジェクトであり、やりがいも高い。何より人のため、世の中のため、という博愛精神が大事であり、先頭に立とうというリーダーシップも必要。職種や地位により個人を相手にするタイプのものと集団を相手にするタイプのものに分かれる。たとえば医師や看護師などは基本的に患者1人1人に対し診察や世話を行うが、
政治家や経営者は民衆に対しての演説であったり、会社方針であったり全体に向けた政策を行う。

Ⅰの広報戒と異なる点は、広報戒は知識や情報、見識といった頭脳面を人から人に伝達していくが、倫理戒は頭脳面より感情面を重視し、人から人に愛情や優しさ、安らぎといったプラスの感情を伝達していく。両者は思考と感情という相反する機能を求められる為、大体は得手不得手がある。しかし人間にとって何が一番大切かというと愛、マインドであるため、心を虚ろにして事務的、作業的な活動になることだけは避けよう。



❷成功者たち

●ブッダ

●イエス・キリスト

●聖母マリア

●アドルフ・ヒトラー

LINK

 

3 芸能戒(Performance Project)~特技、表現~



❶解説

主に自身の肉体や五感、身体器官を駆使して公な活動を行うプロジェクト。
職業でいうと芸能人、タレント。スポーツ選手、歌手、役者、芸人、モデル、ダンサーなど。
世の中でこの職業タイプに属する人たちはみな有名人で、大衆の憧れの的だろう。自分の容姿や特技、パフォーマンスを全面に表現していくため、6戒のうち最も華やかなプロジェクトだ。見た目の個性はもとより独自の自分を全面におしだそうとする表現技術が不可欠。何もそれは自分の得意な手法、パーツで行えばよく、例えばモデルなどは見た目がすでに華やかであり、それだけでパフォーマンスとして成立しているが、見た目以外でも、声の表現が豊かな者は歌手や声優になれる素質があるし、身体能力が高い者はスポーツ選手に向いている。

しかし職業として成立できる者はごくわずか。何もTVや映画、舞台などで活躍するレベルまでいかなくても、日常の中でも無数のドラマが展開しているため、自分が属する社会(学校や会社など)の中で役者になればよい。ほかの人にないキャラクターと特技を身につけ、集団に埋もれないことが大事だ。

❷成功者たち

●マイケル・ジャクソン

●アントニオ猪木

●マドンナ(1958)

LINK

 

4 環境戒(Architecture Project)~公共、施工~



❶解説

環境や空間の構築、施工に携わるプロジェクト。

職業は不動産業、建築士、大工、左官、土木作業員、庭師、インテリアコーディネーター、ドライバー等。人のためはもちろんだが、実際に相手にするのは物件であったり住宅であったり、建物であったり、環境をメインに動かしていく仕事。職種により役柄は様々だが、いくつかの工程に分かれる。

まず客の依頼による空間の設計からはじまり、実際の現場で工事をする肉体労働、あるいは住宅の紹介や、インテリアやエクステリアのアドバイス、メンテナンスを行う施工の仕事まで様々。向いている人は環境や建築物、住宅などに興味がある人だろう。
芸術的空間センスや色彩感覚、土地感覚などが必要となり、その全体像の設計をしたいのか、実際の現場仕事をしたいのかによっても仕事内容が大幅に違ってくる。
重要なのはアメニティ(住み心地、快適さ)を追求する心とセーフティなマインドだろう。



❷成功者たち

???

LINK

 

5 生産戒(Industrial project)~商業、販売~



❶解説

商品を製造、生産し、商品の販売、サービスを行う。有形から無形のものまで含める。

職業でいうと研究開発員、製造業、雑貨デザイナー、陶芸家、ショップ店員、調理師、飲食店、農家、漁師など。

肝心なのは商品というのは売れるためのものづくりであり、趣味でつくるものではないという点。商品は大量生産を前提としている。生産にかかる費用とそれに見合う対価(報酬)が見合ってなければ成り立たない。費用が対価を上回れば経営は破綻するし、対価が費用を上回ればその市場は繁盛する。

このプロジェクトにも過程があり、大きく分けて生産部門と販売部門に分かれる。
生産部門とは商品を生み出す役目を果たし、肝心のサービス面の質が問われる。
販売部門は前者が生み出したサービスをいかに効果的に売り出すか、という営業力が問われる。

生産戒で大事なのはいかに効率よく儲けるかという金銭意欲であり、利益を追求する心である。ただ、人のために役立つもの、人の利益になるものがたくさん売れることは間違いない。

❷成功者たち

???

LINK

 

6 芸術戒(Flash Project)~娯楽、提供~



❶解説

芸術作品を創造する。具体的には小説、絵画、彫刻、音楽、動画、映画など。

職業でいうなら画家や作家、漫画家、作曲家、写真家、アニメーター、映画監督、華道家など。

芸術とは大まかにいえば娯楽作品であり、大衆の心を揺さぶる活動である。独特の感性や空想心が必要であり、常に夢やロマンを追い求めることが不可欠だ。見る人聴く人を異世界にいざない、その人に夢を抱かせることがこのプロジェクトの課題だ。

当プロジェクトに従事するさいはまず人を楽しませることよりも、自分自身が楽しんで行うことが大切。自分が作っていて楽しくないものは、人を楽しませることは絶対にできないからだ。5の生産戒とは最初から売れる目的ではないという点で趣旨や性質が異なる。

芸術作品というものは実は世の中にとってはなくても成立してしまうものであるが、芸術のない世の中というのは無機質で彩に欠け、つまらないものになるだろう。人類の歴史をみても芸術は古くから存在しており、それだけ人の心の多くのウェイトを占めていることが分かる。

❷成功者たち

●ピカソ

●ムンク

●手塚治虫

●岡本太郎

LINK


MENU    TOP    HOME


 

LINK

vol.1 命(Life Energy)~時間と心の充実~

vol.3 魂(Life Spirits)~プロジェクトを全うする~

vol.4 命術(Life Arts)~戒と魂の均衡~

vol.5 時術(Real Arts)~人生はタイムアタック~

vol.6 印術(Graphic Arts)~知識を伝達する~

vol.7 陽術(Ethical Arts)~社会に貢献する~

vol.8 体術(Active Arts)~技や芸で魅了する~

vol.9 空術(Landscape Arts)~環境を良くする~

vol.10 金術(Productive Arts)~お金を儲ける~

vol.11 芸術(Media Arts)~作品で人を感動させる~

vol.12 心術(Soul Arts)~潜在意識をフル活用する~

vol.13 忍術(Creative Arts)~蠢く欲求に従う~

vol.14 奇術(Humourous Arts)~多角的な交流~

vol.15 天術(Kingdom Arts)~合同事業を展開~

vol.16 光術(Legend Arts)~次代に夢を引継ぐ~